院内恋愛の是非を問う!スタッフ同士の恋愛はあり?なし?

クリニックで医療事務として働く場合、医療事務と看護師はほぼ全員女性ですので、ドクターやその他の技師(レントゲン技師、整形であればPTやOTなど)が男性でも女性が多い職場です。

クリニック内での恋愛を見かけないわけではありませんが、クリニックを円滑に運営するという面から考えますと「ありかなしか」で言えば「なし」です。

スポンサーリンク

何故院内の恋愛は「なし」?

総合病院のようにスタッフの人数が多い場合は、医療業界でも職場恋愛は珍しいものではありません。

特に医療現場で働く方は仕事が不規則な方が多いので、出会いが少なく、社内恋愛へと発展するのは多いのかもしれません。

しかし、特にクリニックのような小さな組織ではチームワークを乱すという側面が非常に強く、院長先生にとっては頭の痛い問題になるでしょう。

それでも院内恋愛をするなら

院内のスタッフ同士で恋愛関係になってしまったときは、まず2人ともクリニックに残るという選択をしましょう。

恋愛が元でどちらか、もしくは両方退職するのは良い選択ではありません。

少人数の組織ですので、クリニックで院内恋愛をする場合は、コソコソしていてもすぐに疑いがかかってしまいます。疑いがかかる前に自分からきちんと院長先生に報告し、筋を通した方が後々の印象が良くなります。

このとき必ず「これからも普段どおり精一杯働いていく」というを伝え、一定の理解を求めた方が良いでしょう。

参考:男性医療事務の需要を作り出せ!クリニックへの有効な志望動機

院内恋愛は禁止にできる?

院内のルールや就業規則で周知することで、院内恋愛を禁止にすることはできます。

院内恋愛が現実にクリニックの秩序に悪影響を及ぼしていたり、その可能性が高い場合には、減給処分など、何らかのペナルティーを科すこともできます。

※たとえ就業規則で禁止されていても、1回で解雇になるというのは考えにくいでしょう。

しかし、そもそもそのようなルールを公に定めているクリニックは少なく、定めていても、見てみぬフリになってしまっているケースもありますので、機能しているとは言いがたい状況です。

院長先生の愛人がいる!?

私が担当したクリニックで1番困ったことは、院長先生の愛人がクリニック内にいたときです。他のスタッフの皆さんもこの状況は察しているようで、院長先生は否定してはいるものの、私から見てもただならぬ関係であることは明白でした。

クリニックを束ねる院長先生がこの状況では、クリニックの運営は上手く行くはずもありません。

私がこのクリニックのコンサルティングを行う条件として、この関係をどうにかすることを挙げ、退職勧奨を行った経験がありますが、決して後味の良いものではありません。

クリニックでは院長先生の主張は絶対に近いので、スタッフの立場から異議申し立てをするのは難しいのですが、もしお勤めのクリニックがそのような状況であったら、早くに転職活動を行うべきと考えます。

The following two tabs change content below.

Yasu

クリニック専門医療コンサルタント。 都内クリニックの事務長を11年経験し独立。 現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

ブログをメールで購読

ブログをメールで購読
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターをフォロー