クリニックの医療事務を目指す前に確認して欲しいこと

医療業界以外からの転職で圧倒的に多いのが医療事務とクラークです。

資格を持っていなくても就業可能ということもあり、医療業界以外から未経験での希望者が多い職種です。

クリニックの場合医療事務と外来クラークを分けていないところが多いので、今回は一緒にお話します。

スポンサーリンク

「医療事務は長く働ける」は本当か

医療事務はスキルが命で年齢を重ねたり他の病院へ転職したりしても働くことができる息の長い職種である。

これは転職後の職種を医療事務とした動機の1つではないかと推測します。

確かにその側面は大いにありますが、労働環境は一般的な企業のそれと比べると良くないことも多く、それだけで医療事務として働くとなかなか続かないと思います。

同じ医療事務でも勤める医療機関によってお仕事の内容は大きく異なるので、面接の際は主にどのような仕事をするのかを確認しておくと良いでしょう。

「長く働ける」という点に関しては下記2つの記事をご参照ください。

一般事務や営業事務と医療事務就職するならどちらが良いか
一般事務(営業事務)と医療事務は仕事の内容が異なりますが、これからキャリアを考える上で一般事務と医療事務のどちらで働いていこうかと考えている...
医療事務は年齢よりキャリア!長く働きたい人へのアドバイス
医療事務の資格取得を考える方にとって、「医療事務は年齢を重ねても勤務できる職業だ」という要素は非常に魅力的だと思います。私が考えるに、これは...

スポンサーリンク

クリニックの医療事務と病院の医療事務

クリニックの医療事務の仕事は多岐にわたる場合が多く、「医療行為以外の雑用も含めた全て」に近いと想定されます。

幅広いスキルが身くというのがメリットですが、負担もそれなりに大きく、病院に比べると労働条件がきちんとしていないところもかなりあります。

労働条件に関してはクリニックでも近年改善傾向にあるので、神経質になる必要はないかもしれません。

クリニックに比べ、病院での医療事務の仕事は細分化されていますので、深いスキルを習得できる特徴があります。

ただ、別の病院へ転職される際に、同じ部署に仕事が空いているとは限らないので、転職の幅が狭くなる傾向にあります。

医療事務がどんな仕事をするのかに関しては下記の記事をご参照ください。

医療事務の仕事内容はこれ!クリニックの医療事務の仕事は幅広い
「医療事務」は医療専門の事務仕事です。 「事務」と名前が付きますが、受付や付き添いなど接遇の要素が強いので、一般事務職の方よりさらにコ...

未経験でも就業可能か

クリニックには「未経験者でも可」としている所もありますが、覚える仕事量が多いので初期はかなり負担がかかります。

「経験者のみ」と記載がある場合でも問い合わせたら面接してもらえたという話は良く聞くので、未経験者を雇用しようとしているのか否かを見極める必要はあります。

これは直接確認する他方法がないので、ダメもとで問い合わせてみるのも良いかもしれません。

特にクリニックの場合はこのような行動力が評価されることが多いので試してみる価値はあります。
最低限医療事務のことを調べて勉強した上でチャレンジするようにしましょう。

面接対策には下記の記事をご参照ください。

医療事務未経験者が面接で合格するには
医療事務の募集の多くは「経験者のみ」という表記があります。 せっかく医療事務になる決心をし、医療事務資格の勉強を始めたり資格を取ったり...
未経験者が医療事務の面接でよく聞かれる質問と対策の考え方
未経験で医療事務の仕事を希望していらっしゃり、見事書類選考を突破してこれから面接を受けられるのであれば、万全の対策を整えて面接に臨みましょう...

医療事務の資格は必要か

クリニックでの仕事の場合、医療事務の資格がなくても行える仕事ではありますが、未経験で資格もないという状況ですと「ご自身の強みをアピールするのに弱い」といえます。

では「資格を必ず取得すべきか」というと答えに困ります。

医療事務資格はいくつか種類があるのですが、どれも民間認定資格ですので、残念ながら「確実に就職できる」と申し上げることができるものではありません。

また、特にクリニックでは資格の有無より経験に重点が置かれるので、資格を持っていることがどこまで有利に働くかは未知数です。

就職活動では「ないよりあった方が良い程度」になる可能性はありますが、どの資格であっても医療事務の基礎中の基礎は網羅していますので、取得しているにこしたことはありません。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

医療事務への就職は資格がなくても可能だが「必要ない」は極論!
医療事務は資格がなくてもなれるのだから資格を取得する必要はない このような主張を耳にすることがあります。 何回か別の記事でこのよ...

応募に学歴は必要か

クリニックの場合学歴を重視していないところもありますが、大きな病院の場合は大卒以上としている所も多く見かけます。

クリニックへの転職であれば、学歴は重視されないと考えて問題ありません。(あるに越したことはありませんが、絶対的な武器にはなりえません)

詳しくは下記の記事をご参照ください。

医療事務に合格するためには学歴が必要!?
医療事務の学歴に関しては多くが「専門卒以上」となっています。これは医療事務の資格を取得するために専門学校へ通う方が多いのでその関係ではないか...

スポンサーリンク

面接を受けるなら志望動機をしっかりと

医療事務の面接を行っていると「あれ?またこの志望動機??」と思うことがあります。

私が体験した中で特によくあるパターンだと思われるものを書いておきます。

事務職をしていたから医療事務志望です

面接を行うと志望動機として多いのがこれです。

医療事務・クラークの場合、行う仕事が「医療行為以外のその他」となってしまっているクリニックも珍しくありませんが、一般事務のお仕事は毎日決まったことを繰り返し行う仕事が多く、同じ「事務」でもかなり毛色が違う仕事であると思います。

親戚の病院へついていきスタッフに親切にしてもらった

こういった経験が過去にあり医療業界に興味を持ったという志望動機もよく見かけます。

言葉は良くないかもしれませんが、そのくらいの興味であれば誰もが持てますし、未経験者でこういう志望動機を面接でおっしゃる方は、医療事務の仕事を受付と思っている方も少なくありません。

参照: 医療事務未経験者が面接で使える志望動機の例文とヒント

スポンサーリンク

面接で気をつけておくこと

面接を受けるのはいつになっても緊張するもの。医療業界は特殊であるといわれることもありますが、初めて医療事務の面接を受ける業界未経験の方は下記の点に注意してください。

服装はどうしたら良いか

私が面接を行うときはあまり強く意識しませんが、医療関係の方(特に医師)は保守的な方が多いので、服装は気をつけておくのが無難です。ドクターの方は面接時はスーツの方が多いので、持っていればスーツにしましょう。医療系は保守的なのでスーツが無難です。

医療事務の面接の服装は正社員でもパートでもスーツが無難
医療事務の面接の服装はどうしたらいいか? 医療事務の面接は、社員希望の方でもパート希望の方でもスーツで行くのがベストです。 当日...

未経験者は何をアピールすればいい?

転職なのですから前職の経験をアピールすべきです。
前職が接客業であったのなら、接客でで気をつけていたこと、心がけていたことなどを織り交ぜて、役立つ人材であることをアピールしましょう。

一般企業と同じように、履歴書・職務経歴書に書いてあることを中心に、今までの職務経歴・内容・退職理由などを伺うことになると思います。お子様がいらっしゃる場合は、保育園の時間や学校行事の頻度など詳しく聞かれることが多いです。

医療事務の給与は?

待遇はクリニックによりかなり異なりますが、給与の規則がきちんと決まっているかどうかは確認する必要があります。

たまに見かけるのが、昇給や手当の規定がなかったり、院長先生の独断で決まっていたりするパターンで、周りのスタッフとのバランスということを理由に正統な評価を得られない場合もあります。

逆に言うと、院長先生に気に入られることで給与が多少良くなるといえなくもありませんが、初任給よりも今後の展望や昇給制度のことを重視した方がよいでしょう。

クリニックの医療事務の給料相場は高い?それとも安い?
給料・ボーナスに関しての関連記事 クリニックの医療事務の給料相場は高い?それとも安い? 給料が安くて医療事務を迷っていたらメ...
クリニック勤務の医療事務の定期昇給やボーナスに関すること
「医療事務の転職活動を行ってクリニックに就職すると昇給やボーナスが無いのではないか」と心配される方がいらっしゃいます。 「クリニック」...

医療事務の仕事はストレスが多い!?

全てのクリニックが必ずというわけではありませんが、職場の人間関係に悩む医療事務は多いと推測できます。

女性が圧倒的に多い職種というのも関係しているかもしれませんが、通常クリニック内では医療事務とクラーク以外は国家資格の保持者ですので、

医師や看護師からのあたりが厳しいということもあるようです。(スタッフ間の仲が良いかというのは、面接時に確かめたほうがいいでしょう。)

医療事務が仕事のストレスで退職まで考えてしまうケース
医療事務は… ストレスが溜まる仕事だ。 人間関係が難しい仕事だ。 帰るのが遅い仕事だ。 休みが自由にとれない仕事だ。 ...
The following two tabs change content below.

Yasu

クリニック専門医療コンサルタント。 都内クリニックの事務長を11年経験し独立。 現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

ブログをメールで購読

ブログをメールで購読
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターをフォロー