逆質問時に注意!未経験者が医療事務の面接でしてはいけない質問

多くの場合、医療事務の面接では最後に「何か質問はありますか?」という旨の質問があります。これは「逆質問」と呼ばれており、面接では最後のアピールの場になります。

この点は皆さん対策をされていると思いますが、特に未経験の方は「絶対に逆質問してはいけない質問」があります。

それは「医療事務になるまでに何をすればいいですか」という内容の質問です。

スポンサーリンク

「やる気はある」というアピールのはずが・・・

「御クリニックから内定をいただけたとして、どのようなことをやっておけばいいですか?

「医療事務として働くにあたりこれはやっておいた方が良いということはありますか?」

やる気をアピールしているように見えますが、この質問の印象は意外と良くありません。

もし面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれた時にこのような質問をしようとかんがえていらっしゃるのであれば、別の質問に変えることをお勧めします。

使っている未経験者が多い

アピールになりにくい1つ目の理由は使用している未経験者が多いという点です。

実際私が面接する際も良くお見かけします。

同じような質問をする方は多くの場合その他大勢に分類されてしまいますので、悪い印象をもたれなかったとしても埋もれてしまう可能性は高いのです。

「みんな使っているからいい質問」という解釈は間違っているのでご注意ください。

 自発的な行動にに欠けると判断される

面接担当の方にもよるかもしれませんが、私であればまず間違いなくこのように判断します。

未経験者でも選考を行うということは、多少の技術不足は目をつぶるということを暗に意味してはいますが、自発的にスキルを上げる技術がない方の面倒を一から見てあげるというクリニックは稀でしょう。

ただの指示待ち人間と思われる危険を犯してまでこの質問をする意味はありません。

スポンサーリンク

言い方を変える

もし「少しでも戦力になりたい」という気持ちをアピールしたいのであれば、質問の仕方を変えましょう。

未経験で医療事務のことはまだわかりませんが、仕事を始めたときに少しでも戦力になりたいと考え、レセプトの算定方法を中心に勉強を進めています。
同時に医療事務がどのような仕事かということに関してはインターネットで調べたり医療事務の友人から聞くなど情報収集をしていますが、こちらのクリニックで内定を頂戴できた際は、他にどのようなことを行えば良いでしょうか。

こんな質問であれば、自発的に動いていてさらに意見を取り入れる柔軟性があると判断できます。

やる気があることをアピールすることにとらわれていると見えなくなってしまうことがありますが、本来は行動で示すものです。

質問やPRを聞いて面接官が「やる気がある」と判断できるものを考えてみましょう。

<参考>

逆質問で差をつける!医療事務面接で最後に印象付ける質問例
面接の終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれることはもはや定番です。これは「逆質問」と呼ばれる項目で、今までの印象をさらに良くする...

スポンサーリンク

医療事務になるために何かしていることはありますか?

医療事務未経験の方の面接を担当する場合、私は高い確率でこの質問をします。

医療事務の資格の勉強をしている
インターネットでどんな仕事なのか調べた

というのがよくある答えですが、私はこの質問で自発的に行動を起こす力があるのかを確認することにしています。

医療事務は資格はなくてもできる

確かに医療事務は資格を持っていれば有利ということもなく、実務に資格が必要なわけではありません。

しかしそれは何の知識もなくても仕事ができるという意味ではありません。

何の準備もせずにただ「教えてください」というスタンスで面接に臨んでいては、なかなか採用までたどり着くことはないでしょう。

<参考>

医療事務資格の試験を受ける前に面接を受けても良いか
「まだ医療事務の試験を受けていないのですが、選考を受けてもよいのでしょうか?」このブログにも最近メールフォームを設定しまして、読者の...

インターネットで調べただけではダメか

ダメということはありませんが、知識が浅い可能性は否定できませんので、知識をどの程度深めようとしているのかを確認します。

サイトを見るだけであれば5分でできる作業ですので、「その中でどんな仕事がしたいと思ったか」「どんなところに魅力を感じたのか」などもう少し掘り下げた質問をすることもあります。

レセプトだけじゃない!医療事務の仕事内容を解説!
「医療事務」は医療専門の事務仕事です。「事務」と名前が付きますが、受付や付き添いなど接遇の要素が強いので、一般事務職の方よりさらにコ...

わからないことにどう対処するのかを見ている

未経験で医療事務になるという状況はわからないことだらけの世界に身をおくことです。

わからないことをいかにして理解するか・・・本来は自分で調べることが望ましく、何でも先輩社員に聞けば良いという考えでは、医療事務として活躍するのは難しいのではないでしょうか。

全てを調べるのは難しいかもしれませんが、「自分で調べる姿勢とスキルを持っている」ということを上手くアピールできるだけでも、面接官の印象が変わるかもしれません。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする