部下を自分の子供と思え

部下を抱えている方には、自分の子供だと思うことをおすすめする。
子供の年齢にも寄るだろうが、小さい子供に物事を教えるとなるとそれなりに丁寧に、時間をかけて教えるはずだ。

最近の若いものはなんて話はいつでも言われるわけで
今に始まったことではありません。
ここで理想の部下について考えてみます。
理想の部下とは、自分で考え、行動できる方であること。
報告、連絡、相談がきちんとでき、コミュニケーション能力が高いこと
などが最近の動向です。

では、考えてみてください。個の条件をすべて満たしている人がどこまでいるでしょうか。大企業でさえ、こう言った方を採用するのは難しいと言われている時代に、小規模店舗で採用するのは難しそうですね。

そうなると今の従業員をトレーニングしなければならないのです。

どのようにしたらよいかというのは、店舗の規模、行う仕事の内容に寄るところが大きいですが、
まずは、指導に当たって、自分の子供であると思うことだと考えます。

あなたの部下は基本できない人間なのです。
それをわざわざわからせるひつようはありません。
できるようになったとき、初めて気づきます。「ああ、あのとき自分はできていなかったんだな」って

できるようにし向ける
それが自分のおかけだなんて言わなくても、
わかる人にはわかります。わかってもらえないときは、その方のオツムが足りなかったと思えばいいではありませんか。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする