日々やることを決める

勉強しなくてはならないということは、ビジネスパーソンなら、誰しも考えていることだろう。

しかし、考えているだけで行動に移せないというのはどうしてだろうか。
私が考える限り3つの原因がある。

●なにをやるか決まっていない

まずは自己分析をするべきだ。
特に将来を考えているふりをしている人
実際どうなるのかイメージできていない人
は、自分になにが足りないのか、どういうところに強みがあり、弱点があるかを明確にし、チャレンジするものを決めればいい。

資格の勉強というのが分かりやすいが、その資格があなたの将来に直結しないなら、直結することをしよう。

3ヶ月で部下の成績を達成させる。
そのために必要なのは・・・

と目標を達成するために、自分に必要なスキルを身につけるという風にしていった方が効果がすぐにあら割れる

●手段が決まっていない

参考書を解くのか
ビジネス書を読むのか
スクールに行くのか

考えられる手段をリストアップして、自分のライフスタイルとてらしあわせながら最良の組み合わせを選ぼう

●期限がない

以外に多いのが個のパターン
資格試験であれば、試験の日がこれにあたるが、年1回の場合、どうしても中間目標が必要になる。

もっとやっかいなのは、いつかは英語を話せるように
将来やっっておけば困ることがすくないから的な考えで勉強を勧めているとなかなかこうかがでない。

自分へのプレッシャーがなければ、
人間は楽な方へといってしまうのだ。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする