的確な指示

的確な指示とはどのようなものだろうか。
今回はこれについて考えてみたい。

マネジメントをする立場であれば、だれでも何かしたらの指示は誰でも出したことがあるだろう。

指示の内容は

なぜそれを行う必要があるのか
いつまでに行う必要があるのか
どこまでやればよいのか

この3点を詳しく伝える必要がある。

指示を出す側からすれば、その指示の意図を考え、指示以上の答えをもってくるというのが理想だが、これができるようになるまでには訓練がいるし、そもそも中小企業にはこれができる人材というのはあまり多くない気がする。

時間はかかるが、冒頭で述べた3つを着実に行うことにより、まずは部下との食い違いをなくしておいた方が良いだろう。

The following two tabs change content below.

Yasu

クリニック専門医療コンサルタント。 都内クリニックの事務長を11年経験し独立。 現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

ブログをメールで購読

ブログをメールで購読
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターをフォロー