失敗を将来の成長に生かすとっておきのノート術

人間誰でも失敗するものです。

失敗したときはある意味自分を見つめなおすチャンスなのですが、大きな失敗をしたときはふさぎこんでしまうこともありますよね。

自慢ではないですが私も失敗はよくします 笑

スポンサーリンク

失敗ノートを作ろう

私は失敗したときに書き込む「失敗ノート」を作っています。

A5のノートカバーに 2冊ノートをいれ、左側はメモや仕事の考えていることを記入し、右側に失敗ノートを入れ、常に持ち歩いています。

書き方はとても単純。

「失敗した」「うまくいかなかった」項目を左のページへ

それに対する解決策を右のページへ記入するだけです。

ただし、失敗した直後に書くのは失敗のページだけ。解決方法は少し時間を置いてから書きましょう。

ちなみに使用するノートはツバメノートのA5 H30Sがオススメです。
A5サイズをお勧めするのは持ち運びが便利という点もあるのですが、安価でページ数が少なく、つくりがしっかりしているので、多少手荒に扱っても全く問題いといいこと尽くめです。

特に失敗ノートはあまり前のものを持ち歩くことはありませんので、携帯性を上げることが得策です。

いつ見るのか

私はノートを見るのはいつも時間があるときです。

失敗してしまったことはその大小に関わらずノートの左側に記載し、2日に1回くらい見直して解決策を右側に書きます。

お勧めしたい見るタイミングは、失敗してすごくへこんでいるときです。

過去の失敗を見ていると、今回の失敗はそこまで大きなものではなく、意外に挽回可能だということがわかるので、へこんで無駄にする時間を減らすことができます。

失敗は財産

失敗は悪いもの

そうお考えの方がほとんどではないかと思います。好き好んで失敗する方はいないと思いますが、それに全力で取り組んだ結果の失敗であれば、それは自分を成長させるエッセンスになります。

過去どんな失敗をしてどう教訓に生かしているか?

どんな失敗をしたかというより、こちらの方がはるかに重要なのですが、この問いにはっきりと答えられる方は稀でしょう。厳しい言い方をすれば、それだけ反省しているフリをしているとも言えます。

この失敗ノートをつけることにより、過去の失敗を自分の成長に生かすことができます。

それでも長い間落ち込んでしまう方は、取り返しのつかない重大な失敗はごくごく一部。あとは挽回可能であると自分に言い聞かせることです。

参考:目標を設定し自分を高め成長するにはまず行動

記録しなければ忘れてしまう

人間失敗にかかわらず記録しなければ忘れてしまいます。evernoteに記録したいという方もいらっしゃるでしょうが、私は紙のノートを推奨します。

理由は記録のスピードが速く見直すのも容易だからです。

ノートを持っていない時に記録するツールとしてはとても優れていると思いますので、シーンによって使い分けてください。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする