仕事で疲れが溜まったら1駅分歩いてみるのも1つの手

仕事で疲れたら皆さんはどうしていますか?

いつもというわけではありませんが、私はこういう時1駅歩くことがあります。

仕事をしていると様々な人間関係や数字、その他の環境にも大きく左右されることになります。

自分の努力である程度回避できるものもありますが、本人の努力ではどうしようもないこともあります。 (努力しないのは論外なのですが・・)

スポンサーリンク

歩くと何が変わる?

仕事でモヤモヤしている
なんとなく上手くいっていないような気がする

特に残業が終電近くまでかかってしまって、体力的にも気力的にも限界を迎えているときに上手くいかないことが重なってしまったりすると何もかも投げ出したくなります。

私はそういう時、1駅分歩いてから電車に乗っていました。

本来であれば体力も底をつき、一刻も早く休みたいわけですから、1駅歩くより、早く帰れる帰宅手段をとるべきなのです。

しかしながら、実際1駅分歩いてみると、新たな発見があります。

歩いている間に普段は目にしない景色にふれたり、知らないお店ができていたり、知っているお店の看板が新しくなっていたり・・・

仕事とは全く関係のないことですが、新たな発見をしたことでリフレッシュしてきている自分に気づきます。

もちろん身体を動かしているのですから運動にもなります。

男性の方でスーツに革靴だったり、女性の方で普段ヒールを履いていて、 身に着けているものが痛むのを心配される方は、会社に歩く専用の靴と服を用意しておくのもいいかもしれません。

歩くことでストレスをリフレッシュ

「疲れた時は少しでも早く休みたい!」

というのが普通の考え方だと思いますが、長時間労働が続いてしまったり、強いストレス下に長時間さらされていることで疲れが溜まり、眠ろうとしても逆に目がさえてしまったり、質のいい睡眠がとれなかったりした経験はないでしょうか。

夜遅くなるとあまり長い時間をかけて気分転換もできませんから、リフレッシュするために利用できるものは利用してしまいましょう。
例え疲れていようとも、

明日も仕事だ・・・・

と憂鬱になるより、「明日もがんばろう!」と考えた方がいいパフォーマンスができるに決まっています。

ちょっとした提案でした。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする