医療事務のあるある一覧

未集金の回収方法と医療経営に与える悪影響の予防策

所持金額不足により窓口支払ができない場合未集金として取り扱います。クリニックでは窓口支払の金額が小さいこともあり、数が多くなければ重要視されることは少ないのですが、医療経営に悪影響を及ぼします。未集金が発生する原因は所持金不足の他にも様々ですが予防策をとり、確実に回収することで経営効率を高めることができます。

カード払いは分割払でも医療費控除に申請できるか

医療費控除は、1年で10万円以上の医療費の支払がある方が、確定申告で申請することにより控除が受けられる制度です。年末になると多くの患者様から医療費控除の質問を受けると思いますので、一括払いなのか分割払いなのか、カードの明細書は必要なのか、カード払の際の対応方法について確認しておきましょう

院長先生が看護師や医療事務の面接を行う重要性

看護師の方から「面接で院長が出てこないクリニックには就職しない方が良いか」というご相談をいただきました。さすがにそれだけで就職を決めてしまうのはどうかと思いますが、院長先生が面接の一部を担当することは非常に重要です。医療事務の場合は看護師とは異なるので、院長先生が面接を行う重要性についてお話していきます。

医療費は保険の診察代もクレジットカードで払える?

診察料や薬代などの医療費をクレジットカードで支払えたらいいのにとお考えの方も多いと思います。医療費をクレジットカードで支払えるようにすることは法律上問題ありませんので、クレジットカードを使用できるクリニックは増えてきていますが、まだ使えないクリニックや「保険診療では使用できない」のような制約があるクリニックもあります。

保険証を忘れた患者様へ正しい対応と返金方法

保険証を忘れてしまいました。クリニックでは患者様からよくあるご相談の1つです。診察の際は月1回保険証を確認することになっていますので、月ごとに初めて来院された日に保険証を提出する必要があります。しかしお忘れになってしまう患者様は一定数いらっしゃいますので、保険証をお忘れになった際の対応方法と返金について解説します。

ふてくされる勤務態度が悪いスタッフからの脱却

クリニックで仕事をしていると、仕事中に注意を受けたり、自分の思い通りにいかないだけで、ふてくされてしまう医療事務スタッフを何度もお見かけします。勤務態度は当然「悪い」に該当しますが、どこのクリニックにも一定数いらっしゃいます。本日はふてくされる勤務態度が悪いスタッフにどう対処するかその原因と対策についてお話します。

シフト制の医療事務が休み明けにパフォーマンスを上げる方法

クリニックで働く医療事務の方の中にはシフト制で働いていらっしゃる方も多いでしょう。通常シフト制で働く医療事務は連休を取得することが難しいので、ほぼ毎日「休み明け」のスタッフがいることになります。「休み明けの日は生産性が悪い」という状況はプロ意識に欠けますので、仕事のリズムを作ってこれを解消する必要があります。

医療事務の帰宅時間を予想するには予約制とレセプト以外の残業がの鍵

医療事務の帰宅時間はクリニックの状況に左右されます。他業種のお仕事と比べると比較的残業が多いお仕事ではありますが、帰宅時間をいかに早くするかというのは個人の努力とクリニックの環境です。「予約制のクリニックかどうか」と「何に対して残業があるのか」という点から、医療事務の帰宅時間を予想する方法をお教えします。

クリニックで患者様にアンケートをとるならタイミングが重要

クリニックの潜在的なクレームを未然に発見する為には、患者様へ匿名のアンケートを行うことが有効です。院長先生には直接は言いにくいことも聞くことができます。また、経費がほとんどかからないという点も魅力でしょう。しかし、タイミングを間違えるとかえってダメージを負うことになりますので、正しいタイミングで行うようにしましょう。