「 医療事務のあるある 」一覧

ふてくされる勤務態度が悪いスタッフからの脱却

ふてくされる勤務態度が悪いスタッフからの脱却

クリニックで仕事をしていると、仕事中に注意を受けたり、自分の思い通りにいかないだけで、ふてくされてしまう医療事務スタッフを何度もお見かけします。勤務態度は当然「悪い」に該当しますが、どこのクリニックにも一定数いらっしゃいます。本日はふてくされる勤務態度が悪いスタッフにどう対処するかその原因と対策についてお話します。

シフト制の医療事務が休み明けにパフォーマンスを上げる方法

シフト制の医療事務が休み明けにパフォーマンスを上げる方法

クリニックで働く医療事務の方の中にはシフト制で働いていらっしゃる方も多いでしょう。通常シフト制で働く医療事務は連休を取得することが難しいので、ほぼ毎日「休み明け」のスタッフがいることになります。「休み明けの日は生産性が悪い」という状況はプロ意識に欠けますので、仕事のリズムを作ってこれを解消する必要があります。

医療事務の帰宅時間を予想するには予約制とレセプト以外の残業がの鍵

医療事務の帰宅時間を予想するには予約制とレセプト以外の残業がの鍵

医療事務の帰宅時間はクリニックの状況に左右されます。他業種のお仕事と比べると比較的残業が多いお仕事ではありますが、帰宅時間をいかに早くするかというのは個人の努力とクリニックの環境です。「予約制のクリニックかどうか」と「何に対して残業があるのか」という点から、医療事務の帰宅時間を予想する方法をお教えします。

クリニックで患者様にアンケートをとるならタイミングが重要

クリニックで患者様にアンケートをとるならタイミングが重要

クリニックの潜在的なクレームを未然に発見する為には、患者様へ匿名のアンケートを行うことが有効です。院長先生には直接は言いにくいことも聞くことができます。また、経費がほとんどかからないという点も魅力でしょう。しかし、タイミングを間違えるとかえってダメージを負うことになりますので、正しいタイミングで行うようにしましょう。

仕事ができない医療事務!その原因は院長先生にあるかもしれない

仕事ができない医療事務!その原因は院長先生にあるかもしれない

クリニックの院長先生とお話していると「うちの医療事務は仕事ができない」というお話をよく伺います。実際現場が上手くまわっていないのは、特定の医療事務スタッフが仕事ができないのとは別に原因があるケースもよくあります。スタッフ個人の実力に頼りきりではいつか息切れを起こします。このような組織で起きている事例を検証します。