一般事務へ転職した元医療事務の話

クライアントの元社員で、以前医療事務として勤めていた方から、以前転職の連絡をいただきました。

転職エージェントを使用して一般事務職へ転職したとのことでしたので、詳しくお話を伺い、ご本人の許可を得て掲載させていただきます。

お名前はアキさん(仮名)でご年齢は30代中盤です。

医療事務歴10年以上と職務経歴の多くを医療事務が占めていますが、医療事務への転職ではなく一般事務職へ転職されており、経歴としては珍しい部類に入るのではないかと思います。。

なぜ医療事務ではなく一般事務に転職したのか、一般事務と医療事務との比較して良いところと悪いところに関してもお話を伺うことができたので、今後他業種へ転職をお考えの方にとっても参考になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

アキさんの詳細

あまり詳細な情報はお出しできませんがご本人に許可をいただけた範囲で掲載します。

年齢:30代中盤
経験社(院)数:2(病院医療事務(3年)→クリニック医療事務(7年)→現職
※合計10年医療事務を経験。今回が2回目の転職
学歴:大卒
英語:TOEIC400点くらい
独身・子供なし
医療事務時代の年収:約330万円
パソコンスキル:MOS(WORD、EXCEL)取得
前職のクリニックは固定休1日(毎週木曜)+もう1日はシフト制

使用した転職エージェント:DODA、リクルートエージェント

なぜ医療事務ではなく一般事務に転職?

正直「別のキャリアを積みたい」「もっと興味のあるものを見つけた」などの前向きな理由を期待していたのですが、「医療事務の仕事をやりきったから」が最も大きな理由だそうです。

もちろんそれだけではなく、同年代の患者様とお話するうちに、医療事務以外の仕事にも興味がでてきたこと、もう医師のいいなりになるのはイヤだと考えていたという隠れた理由もありました

私がアキさんに初めてお会いしたのは2014年頃で、当時はクリニックの医療事務がとてもマッチしていた印象でしたので意外ではありましたが、本人いわく「一般事務より医療事務の方がよくなったらまた別のクリニックへ転職すればいい」と考えていたそうです。

たしかに、未経験でも医療事務になれるのですから、経験があればそれだけ有利です。アキさんほど長い経験がなくても医療業界に戻るのは難しくないと言えるかもしれません。

→DODAへの登録はこちらから

年収の変化

前職の年収は約330万円とのことでしたが、キャリア10年の医療事務であればもう少しもらってもいいかもしれません。ちなみにアキさんも同じ考えで「できれば年収を増やしたい」と考えての転職だったようですが、

現在の職場の年収は320万円と少々ダウンしてしまったそうです。

「年収が下がることに抵抗がなかったわけではありませんが、一般事務と医療事務は共通点より異なることの方が多く、過去の経験が生かせるとは言えない状況だったのであまり気になりません。」とアキさん。

年収より重要な条件

興味深かったのは、多少の年収ダウンを引き換えにしても、医療事務より良くなった条件が多々あることでした。

「私は今まで決まったお休みは木曜日しかなかったので『土日休み』は憧れでした。実際お休みが土日になって、友人と時間を合わせるのも楽だし、婚活も頑張れそう 笑」

「残業時間も医療事務時代より少なくなりました。先月は20時間とちょっとです」

ちょっとがどのくらいなのか気になりますが、詳細は濁されてしまいました…

『残業時間が月20時間』は一般事務としては多い気もしますが、その点を伺ってみると「医療事務時代の残業時間より少ないですし、何もなければ18時に退社できる日もあるので仕事のあとの予定も立てやすいんです」と充実したアフター6を楽しまれているようです。

「もう1つ意外だったのはお昼休みが短いことです」とアキさん。

医療事務は通常2時間程度の昼休みがあります。昼休みが長い方が良いか短い方が良いかはケースバイケースですが、昼休みが長いということは帰宅時間が遅くなることにつながりますので、アキさんには短い昼休みがとてもあっているのだと思います。

→DODAへの登録はこちらから

医療事務をやめてしまうことに不安はなかったんですか?

せっかくなので、違う業界への転職についても聞いてみました。

「もちろん不安はありました。医療事務のキャリアを中断というか捨ててしまうんですから、それなりに大きな決断だったと思います。今後結婚して子供ができて…とを考えると医療事務を続けた方がいいのかなとも迷いましたが、医療事務しかしたことがない人より、それ以外もできる方が魅力的だろうなという思いもあって転職を決意しました。もちろん時期的に医療事務に飽きてきていたというのもありますよ 笑」

確かに今後結婚や出産を控えている方にとって、医療事務のキャリアを磨くのも1つの手段ですが、アキさんほどの経験とスキルがあれば、たとえブランクがあったとしても医療事務に復帰するのは難しくないのかもしれません。

キャリア10年の医療事務だからこそできる選択とも言えますが、アキさんほどの経験がなくブランクがあったとしても、未経験の方よりは格段に優遇されます。特にクリニックでは今後もその傾向が強いはずですので、総合的にアキさんは良い選択をされたのではないかとおもいます。

→DODAへの登録はこちらから

スポンサーリンク

医療事務から一般事務への転職方法

アキさんは一般事務への転職を希望されていたため、まず初めに転職エージェントへ登録し、キャリアコンサルタントへ転職の時期などを相談しながら行われたそうです。

無料で転職相談ができ、内定をいただいた後の交渉なども任せることができるため、「転職時はエージェントにの登録」はもはや常識ですが、数ある転職エージェントの中でアキさんは主にDODAで転職活動を行ったそうです。

なぜDODAをメインに?

一般的に転職エージェントといえばリクルートキャリアが最大手ですが、アキさんはあえてDODAを使用していたようです。「もちろんリクルートエージェントにも登録していました」とのことですが、DODAをメインに使用していたのはなぜでしょうか?

「リクルートエージェントは最大手だけあって案件も多かったですが、キャリアコンサルタントが抱えている求職者が多いのか、私の年齢と職務経験が原因なのかはわかりませんが、あまり親身になってはもらえませんでした。」

医療事務経験10年以上のアキさんでも、一般事務の仕事はほぼ未経験扱いという点が影響した可能性もありますが、単純に担当キャリアコンサルタントとのフィーリングが合っただけかもしれません。

→DODAへの登録はこちらから

スポンサーリンク

DODAに登録から転職までの流れ

ここからはアキさんに伺った話を私なりにまとめてみました。

まずサイトの会員登録部分(下図参照)から名前、学歴、メールアドレスなどの情報を登録します。

登録するとメールで連絡後、キャリアコンサルタントと電話で話す機会があります。

アキさんはここでキャリアコンサルタントに転職先の条件面やご自身のキャリアについて簡単に話したうえで後日面談されたそうですが、電話で話すことに違和感がある方は面談で詳しく話を伺ったほうが良いかもしれません。

アキさんがおっしゃるには「忙しかったのでまず電話で話すことができて楽でした。特に不安はなかったです」だそうです。

私も前職はサラリーマンで転職エージェント使用経験もありますが、当時は電話面談など存在しませんでしたが、アキさんのように「休みの日に面談で時間をとられたくない」と考える方にとっては、比較的遅い時間で設定できる電話面談は便利なのではないでしょうか。

→DODAへの登録はこちらから

LINEのやり取りが便利!

「面談が終わるとLINEで担当者と話すことができるようになるんですが、これがすごい便利でした。私はアドバイスも面接の結果も全部LINEでもらってました。」

メールでやり取りですと「お世話になっております」等の頭書きが必要で、用件のみというわけにはいきませんが、LINEで要件のみを伝え、スピーディーにやり取りできるのは、アキさんにとってかなり便利だったようです。

「重要な要件は必ず電話でかかってきますが、大抵仕事ででれないので、要件の概要をラインに入れてくれるのも助かりました。」

もはやメールは時代遅れのツールになりつつあるのかもしれません。

WEB履歴書を完成させる

「コンサルタントと面談を行ったあと、WEB履歴書と職務経歴書に記入し送るように言われます。履歴書や職務経歴書は難しいイメージがありますが、今までの経歴を順番に入れていくだけなので簡単です。」

職務経歴書はゼロから作らなければなりませんが、「自分のスキル」が明確になったことが面接でもとても役立ったそうです。

紙の履歴書と比べると?

「とっても便利です。入力した情報でエントリーできるし、郵送する手間もありません。電子送信は忙しい人の助けになると思います。」

写真はどうするの?

「最初写真は必要なかったんですが、キャリアコンサルタントの方に『エントリーの中に写真が必要な企業があるから送ってほしい』と言われたので、履歴書用の証明写真をスマホで撮影したデータは送りました。面接のときは紙の履歴書を持っていくので、その時は写真が必要です」

エントリー→書類選考→面接

「面談で希望する職種、希望年収、労働環境などをお話しして、キャリアコンサルタントがその条件に合いそうな求人を紹介してくれるので、その中から5社ほどエントリーしました。」

一気に5社は仕事しながらでは大変では?

「確かにそうなんですが、年齢と医療事務の経歴が書類でどう判断されるかわからなかったので、まずは面接までこぎつけられるか(書類選考を突破できるか)が重要だったので、その後も書類選考を通過できなければ新たなエントリーを増やしました。」

何社エントリーして何社面接受けたんですか?

「エントリーは合計40社くらいだったと思います。数えていないので正確な数はすみません。面接は3社。面接を受けずにお断りした会社もあったので、書類選考を突破できた会社は10社弱くらいだとおもいます。」

医療事務の経歴は株式会社から嫌われる?

「私もそこは覚悟していたんですが、少なくとも書類選考を突破できた会社はそんなことはなかったです。面接では医療事務の職務内容を詳しく説明してわかってもらう必要があったので、今更ながら『医療事務とは』みたいにgoogleで調べたりはしてました。

今の会社は前職が医療事務だったことより、前のクリニックで6年、その前のクリニックに5年務めていたこと(勤続年数が長いこと)が評価されたみたいです」

→DODAへの登録はこちらから

スポンサーリンク

これから一般事務へ転職活動をする方にアドバイス

最後にこれから転職する方にアドバイスをいただきたいと思います。

医療事務から他職種へ転職するときに必要なことは?

「私が心がけたのは医療事務がどんな仕事で自分はどんなことをやってきて、何ができるのかを明確に伝えることです。」

『医療事務として活躍していました』だけでは面接官には通じないので、医療事務の説明から入らなくてはならないのですが、あまり長くなってしまうと聞き流されることもあるので、はっきり伝えるようにしました。

それから、私の経歴では「転職したいなら別のクリニックの医療事務になればいいのでは?」と思われてしまって当然ですので、なぜこの年齢になって一般事務なのかという点をわかりやすく伝えることを心がけたのですが、同じように医療事務から一般事務へ転職を考えている方にとっても大切なことだと思います。

皆様の転職の成功をお祈りしています。

→DODAへの登録はこちらから

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする