クリニックの院長先生へ提案

クリニックの医療事務に危険手当は必要か?

先日緊急事態宣言は解除されたものの、医療関係者にとってコロナウィルスとは未知の戦いであり、クリニックで働いている医療事務にも医療手当を出すべきだと言う声も強くあります。※少なくとも私のクライアントではそうです。 危険手当が支給されるこ...
給料とボーナス

人事評価次第で給与が下がる実力主義のクリニックは要注意

残念なことに、満足な評価制度がなく、院長先生の感覚で評価が決まっているクリニックは多数あります。 今後このようなクリニックは人事考課を整備する必要があると思いますが、次に懸念されるのは給与が下がる人事制度の導入です。比較的新しいクリニ...
医療事務

要注意!有給休暇5日間の駆け込み消化対策

2019年4月から「有給休暇」の義務化がスタートしていますが、計画的に有給消化できていないクリニックが行いそうででもおこなっていはいけないことをまとめておこうと思います。 有給5日消化とは? 「働き方改革関連法案」により労働基準法の一部...
スポンサーリンク
クリニックの院長先生へ提案

クリニックでは忘年会や新年会は全員参加?院長先生のお悩み

年末年始になると特に忘年会や新年会についてご相談いただく機会が増えます。 「院長先生が社員(スタッフ)ご馳走するのは義務?」の他にも、普段ご馳走する時のお店選びのコツや、もちーベーションのための注意点に関してもお話ししておこうと思います。...
面接中の質問

有給休暇を取得できますか?聞きにくいけど重要な質問を面接で聞く方法

面接の際に確認しておきたいけれど、こんなこと聞いていいものか・・・そんな質問の代表格として「有給休暇」に関するものがあります。 病院・クリニックに関係なく、事業者は今年から働き方改革で有給休暇を年間5日使用させる義務が発生しますが、こ...
医療事務

新人の医療事務にも受付に立つ覚悟を持って欲しいという話

クリニックの医療事務はほぼ受付業務を兼務することになります。 医療事務未経験の方の中には受付に立つことを軽く考えている方も多いようですが、クリニックで始めに患者様と接すのは受付業務を行っている医療事務ですし、患者さまお問い合わせに対し...
医療事務

一般事務へ転職した元医療事務の話

クライアントの元社員で、以前医療事務として勤めていた方から、以前転職の連絡をいただきました。 転職エージェントを使用して一般事務職へ転職したとのことでしたので、詳しくお話を伺い、ご本人の許可を得て掲載させていただきます。 お名前...
医療事務

イライラからの怒鳴りつけが新人教育にもたらす弊害

最近は新卒や業界未経験で医療事務になられる方も増えたせいか、クライアントでは新人教育にイライラの雰囲気満点の先輩社員さんを見かけることが多くなっています。 先輩社員としては「早く一人前に育てないと」というプレッシャーや、成長しない新人...
福利厚生

4月から有休義務化!クリニックはどのように対処すべきか

2019年4月から有休休暇の義務化が始まります。 医療機関では有給休暇の取得率が高くはありませんが、義務化されてしまった以上たとえ医療機関であっても1年間で5日間は有給休暇を取得させなければなりません。 医療事務の有給休暇の取得...
必要なマナー・接遇

御侍史は使用不可!医師宛のメールで気を付ける4つのポイント

『御机下と御侍史の読み方と意味と使い方の違いは医療事務なら必須の知識』でもお話ししましたが、「御侍史(おんじし)」は主に医師宛に使用される脇付けです。 ただ、個人を特定しない形式で使用する脇付ですので、メールでは使用しない方が良いと思...
タイトルとURLをコピーしました