福利厚生

福利厚生

4月から有休義務化!クリニックはどのように対処すべきか

2019年4月から有休休暇の義務化が始まります。 医療機関では有給休暇の取得率が高くはありませんが、義務化されてしまった以上たとえ医療機関であっても1年間で5日間は有給休暇を取得させなければなりません。 医療事務の有給休暇の取得...
福利厚生

そのケガ労災です!実はよく知らない労災って何?を簡単に解説

「勤務中のケガは労災になるので健康保険は使えません」 医療事務として働く方の多くは、このセリフを言ったことがあると思います。 「仕事中のケガは労災」ということは、医療事務であればご存知だと思いますが、実際どういう流れで労災の適用...
福利厚生

勤務中のシューズやストッキングや靴下の色は?夏のニオイ対策も

未経験でクリニックへ入職するとわからないことはたくさんあると思いますが、本日は制服に関して。 意外と気を遣うのが、くつの色、ストッキング、靴下についてです。 「どのようなものを用意すればよいのか」もそうなのですが、湿気が多い夏や...
産休・育休

妊娠したら休むべき?女性が働きやすい職場とは

「妊娠したら休むべき」と考えているスタッフは、看護師、医療事務ともに多くはありませんが、こう考えてしまうのには幾つか理由があります。 産休や育休が取得できることは当然ですが、同時に「女性が働きやすい職場になっているか」という環境面も大...
産休・育休

クリニックの医療事務でも産休を取得することはできる!

専門職の1つである医療事務は、医療業界未経験の方にも非常に人気があります。 クリニックでは、医療事務・看護師ともに女性のスタッフがほとんどですので、産休・育休の制度に関して興味をお持ちの方も多いでしょう。 「個人のクリニックでは...
福利厚生

医療事務は要確認!クリニックでも社会保険と雇用保険の加入は必須

職種が医療事務ではなくても週の労働が30時間を越える場合は、必ず社会保険に加入しなくてはなりません。 クリニックによっては労働環境が整っていないというお話は存じ上げておりましたが、稀に面接の際に前職のお話を聞く中で、「社会保険に加入せ...
福利厚生

医療事務は有給休暇がとれない!?医療機関の時期変更権と解決方法

医療事務は有給休暇をとれない・・・ さすがにそう考えている方はかなり少数になってきたことでしょう。 労働基準法はどなたでも調べることができますし、「ブラック企業」のような言葉も一般的に認知されてきていますので、労働に対する皆さんの認...
福利厚生

医療事務もスニカー着用!万が一の針刺しに備え安全性を重視

医療と言えばナースサンダル 一昔前までは看護師も医療事務も女性はナースサンダルを使用するのが基本でした。 現在は安全性を重視し、スニーカーの方が多いように思います。特に大きな病院では看護師の方は必ずスニーカーを着用されています。...
福利厚生

医師国保と協会けんぽどちらが有利?医療事務でシュミレーション

「医師国保」と呼ばれる健康保険をご存知でしょうか。 医師国保は医療機関にお勤めの方意外は加入できない健康保険ですが、 従業員に加入する健康保険の選択権はなく、就職したクリニックが加入している保険に従うことになります。 中小...
タイトルとURLをコピーしました