研修

研修

新人研修は大変!教育係を担当する医療事務の負担と悩みの解決方法

医療事務として経験を積むと、クリニックでは新人教育を任されることが多くなります。 特にスタッフの入れ替わりが多いクリニックでは、新人教育の仕事を嫌うスタッフもいますが、「教えることができるスタッフ」は貴重ですので、管理職の方はその悩み...
研修

育てる環境を整えて仕事ができない医療事務を減らす方法

うちの医療事務は仕事ができない!このようなご相談は個人経営のクリニックの院長先生からよくいただきます。これを解決するためには、育てる環境を整える必要があります。育てる環境とは何かということと簡単な作成方法をご紹介します。
研修

医療事務スタッフの離職率を下げるロールモデルの作成方法

特に都内のクリニックでは、医療事務の離職率高い傾向にあります。離職率が高いと患者様からの信用にも関わりますので、「医療事務の離職率を下げる方法」としてロールモデルの作成をご提案しています。ロールモデルとは「スタッフのリーダー的存在」です。
スポンサーリンク
研修

全員参加の新人教育で医療事務の離職率を下げる

医療事務の新人教育を全員で行うことにより、離職率を下げ、定着率を上げることができます。クリニックでは、同じ部門のベテラン社員が新人教育を担当することが多いのですが、私は、負担を軽減する為に、全員が新人教育を担当できる環境作りを提案します。
研修

医療事務は相手の立場に立って考える姿勢を貫こう

相手の立場に考えることはコミュニケーションの基本でもあり、医療事務として働く方皆さんに常に頭の片隅に置いておいて頂きたいことの1つです。 「自分が患者様だったらこうしてらえたら嬉しい」という観点を忘れないようにすればいいだけですので、...
研修

余裕がある医療事務になるにはいかに楽するかが大切

どのように仕事を進めたらよいかわからない。 やることが多すぎて考える余裕がない このように主張する医療事務をお見かけすることがあります。 確かに医療事務は仕事の幅が広い職種であり、その場で処理しなければならないことと、後日...
人間関係

できる医療事務は使っている4つのクッション言葉

医療事務は患者様以外にも、院長先生、看護師、技師などの医療従事者と話をしなければなりません。 クリニックは家族のような社風のところも多いので、少々のことは許されるかもしれませんが、できることなら不快な思いをさせてしまうのは避けたいとこ...
研修

新人医療事務が育つ環境を作る!指導方法と教わり方

私は現在は現場に入ってスタッフさんへ指示を行うことはありませんが、事務長時代は新人医療事務が入職するとよく仕事を教えていました。 院長先生からヒヤリングを行っていると、「スタッフが新人をいじめてしまって辞めてしまうのをなんとかしたい」...
研修

観察力を鍛えコミュニケーションスキルを高めよう

スタッフのコミュニケーションスキルが低い クリニックの院長先生からよくご相談の1つです。 コミュニケーション力は医療事務や看護師のように人と接する仕事であれば、最低限必要なスキルと言えます。 しかしこの「コミュニケーション...
研修

仕事ができない医療事務こそスピード重視の仕事術

医療事務をしていると「仕事ができない」という烙印を押されてしまうことがあります。 多くの場合はきちんとした育て方をすれば段々とレベルアップさせられるのですが、クリニックのような小さな組織では研修環境がしっかりとしていないことが多いこと...
タイトルとURLをコピーしました