「 医療事務の面接のコツ 」一覧

職務経歴をストーリーにすることで生まれるメリット

職務経歴をストーリーにすることで生まれるメリット

医療事務の面接で前職の退職理由を聞かれるというのはもはや定番ですが、最近はクリニックでも職務経歴を始めから最後まで聞いていくところが増えています。前職の退職理由はしっかりと考えていても、前職以前のの退職理由はあまり考えていないという方もいらっしゃると思いますので、面接対策の1つとして提案します。

面接中の質問はどのタイミングで行うべきか

面接中の質問はどのタイミングで行うべきか

面接の質問を前もって考えていくことは悪いことではありません。考えた質問は全て面接の最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれたタイミングで答えるのが良いでしょう。面接中の会話の中で質問が出てきた場合には、どのタイミングで質問するのが良いのでしょうか。重要な質問は会話中で行うべきですが、そのタイミングをみていきましょう。

面接が苦手な方必見!面接を録音して反省点を生かすという提案

面接が苦手な方必見!面接を録音して反省点を生かすという提案

面接対策をきちんとしていても、未経験で医療事務になる場合は、経験者の方に比べて知識が劣ることが予想され、そもそも面接という場に慣れてないという問題点があります。面接で緊張して上手く話せなかったとしても、面接を録音してその反省を次回の面接に生かすという方法があります。面接が苦手な方は試してみてください。

医療事務の面接で過去の経験が評価されなかったら辞退が妥当?

医療事務の面接で過去の経験が評価されなかったら辞退が妥当?

医療事務の採用では良くあることなのですが、過去医療事務の経験があるにもかかわらず、医療事務経験者と評価されないことがあります。異なる診療科目だったり、医療事務として働いてもレセプト経験がなかったり、クリニックによりその理由は様々ですが、過去の経験が評価されない場合は採用を辞退することが妥当なのでしょうか。

喫煙者は不採用!?看護師や医療事務の面接でタバコの質問が出たら

喫煙者は不採用!?看護師や医療事務の面接でタバコの質問が出たら

医療事務や看護師の面接でタバコに関する質問をされることがあります。特に近年は医療機関での喫煙は難しい傾向にありますので、面接の際は答え方を気をつけなくてもはいけません。 「正直にありのままを話す」が原則ですが、タバコに関しては、たとえ喫煙者であっても、「喫煙はしていない」と答えるのがベストです。