「 志望動機 」一覧

強みは明確に!長すぎる志望動機の例文を添削

強みは明確に!長すぎる志望動機の例文を添削

医療事務転職の為の志望動機の添削をご依頼いただきました。ご経歴を拝見すると一般事務をはじめ様々なお仕事の経験がおありですが、全体的にまとまっておらず、長い志望動機になっています。歯科助手の経験を推していますが、経験年数を考えると別の強みを明確にすべきで、全体的にまとまっていませんが、長すぎる志望動機をスリムに添削します

医療事務未経験者が就活で使える自己PRの例文と書き方

医療事務未経験者が就活で使える自己PRの例文と書き方

未経験で医療事務の就活をされる場合は、職務経歴書の最下部に自己PRを記載しましょう。特に履歴書に記載できる志望動機はスペースが限られます。前回志望動機を添削させていただいたなー様より、自己PRの添削依頼をいただきまいただきましたので、一部例文を載せながらこちらの記事で添削していきたいと思います。

職歴がアルバイトのみの未経験で医療事務へ転職する志望動機

職歴がアルバイトのみの未経験で医療事務へ転職する志望動機

医療事務へ転職希望の未経験の方から、志望動機添削のご依頼をいただきました。現在はアルバイトでベーカリーにご勤務されていて、職歴は9年になるそうです。ご本人は職歴がアルバイトのみであることに引け目を感じていらっしゃるようでしたが、働き方が多様化した現在ではPR方法を変えればそこで必要以上に萎縮する必要はないと考えます。

産婦人科の医療事務へ転職!経験を志望動機に生かす例文

産婦人科の医療事務へ転職!経験を志望動機に生かす例文

病院にて産婦人科の医療事務経験があり、産婦人科のクリニックへの就職を希望されていらっしゃる方より、志望動機添削のご依頼をいただきました。以前の経験であり、経験年数も多くはないので、そのままではアピールポイントとして弱いですが、販売職と医療事務の両方の経験を持つ自分だからこそできることをアピールすることがポイントです。

長すぎてもダメ!医療事務の志望動機に最適な文字数

長すぎてもダメ!医療事務の志望動機に最適な文字数

医療事務の面接や書類選考のために志望動機を作成していると、文字数が増えすぎてしまうことがあります。内容も大切ですが最適な文字数に収める努力を怠らないようにしましょう。インターネットの媒体では文字数に制限がかかっている場合もありますので、その場合は制限の文字数に従ってください。

整骨院や鍼灸院の受付経験者が医療事務に採用される為の志望動機

整骨院や鍼灸院の受付経験者が医療事務に採用される為の志望動機

医療事務の採用試験を受けるとき、整骨院や鍼灸院の受付経験があるのなら、これを志望動機に組み込むというのはいかがでしょうか。整骨院や鍼灸院をはじめとする医療関係での経験は本来プラスに働くべきですが、使用方法を間違えると良い評価を得られない可能性もあるので、志望動機のポイントと注意点を合わせてお話します。