待遇一覧

クリニック勤務の医療事務の定期昇給やボーナスに関すること

「医療事務の転職活動を行ってクリニックに就職すると昇給やボーナスが無いのではないか」と心配される方がいらっしゃいます。クリニックの規模は様々ですが、医療事務にどのような昇給システムが用いられているか、また、アルバイトの医療事務へのボーナスの支給についてもみてみましょう。

求人票と条件が違う!給料や保険や勤務時間が違う時の対処法

クリニックの医療事務採用では、求人票と条件が違う場合というのはよくりあります。必ずしも悪意があるわけではありませんが、給料の金額や勤務時間が違ったり、雇用保険や社会保険に入れるはずが入れなかったりといったトラブルを避けるにこしたことはありません。そんな時は求人票のコピーが役立ちます。

就職したクリニックがブラックかどうか判断するポイント

医療事務としてお仕事をされている方の中には「務めているクリニックがブラックかもしれない」と考えた方も少なくないはずです。現場では、残業、休日出勤、有給休暇を取得できないことを「どこのクリニックでも同じ」などと言う先輩もいるかもしれませんので、ブラックなクリニックかどうかを判断する為の1つの基準をお話しします。

医療事務の給料でひとり暮らしは可能か!?今後の給料を上げる方法

医療事務の給料については何度かお話しておりますが、医療事務として働きながらひとり暮らしでやっていけるのかを検証してみましょう。可能か不可能かといわれれば可能ではありますが、住む場所や生活レベルの制限はやむを得ませんので、将来的に給料を上げる方法にもふれながら豊かになるコツをお教えします。

クリニックの医療事務でも産休を取得することはできる!

クリニックでは、医療事務・看護師ともに女性のスタッフがほとんどですので、産休・育休の制度に関して興味をお持ちの方も多いでしょう。この記事を通して産休とはどんな制度なのか知っておきましょう。「個人のクリニックでは産休や育休を取得しにくい」と聞いたことがあるかもしれませんが、産休を取得できないことはないのでご安心ください。

給料が安くても医療事務が人気職業なのはなぜ?

人気の職業と認知されるようになってから久しい医療事務のお仕事ですが、給料の水準が安いと感じる方もいらっしゃるでしょう。もちろんお勤めのクリニックや病院により待遇に差がありますが、一般的な認識では給料の水準は高くはありません。給料が高いか安いかというお話はとても大切ですが、目先の利益だけを見ていても良い転職はできません。

クリニックで年収500万円以上の給料を得ている医療事務の仕事内容

『クリニックの医療事務の給料相場は高い?それとも安い?』でもお話したとおり、医療事務の給料は高い部類ではありません。しかし例外は幾つもあります。私のクライアントのクリニックで働いてる医療事務の中には年収500万円を超えるスタッフも3人程いらっしゃいますので、高い年収を得る医療事務の仕事を見てみましょう。

医療事務は有給休暇がとれない!?医療機関の時期変更権と解決方法

医療事務は有給休暇(年次有給休暇)をとれないとお考えの方はかなり少数になってきたことでしょう。有給休暇は労働者の権利ですが、詳しい決まりをご存じない医療事務の方もいらっしゃいますので、クリニックで使用されている有給休暇の決まりと実態をお話しします。「休んでも受け取る給料の額を減らされずに済む日」これが有給休暇です。