給料とボーナス

クリニックの院長先生へ提案

クリニックの医療事務に危険手当は必要か?

先日緊急事態宣言は解除されたものの、医療関係者にとってコロナウィルスとは未知の戦いであり、クリニックで働いている医療事務にも医療手当を出すべきだと言う声も強くあります。※少なくとも私のクライアントではそうです。 危険手当が支給されるこ...
給料とボーナス

人事評価次第で給与が下がる実力主義のクリニックは要注意

残念なことに、満足な評価制度がなく、院長先生の感覚で評価が決まっているクリニックは多数あります。 今後このようなクリニックは人事考課を整備する必要があると思いますが、次に懸念されるのは給与が下がる人事制度の導入です。比較的新しいクリニ...
給料とボーナス

医療事務の給料がなぜ安いのかを考える

医療事務の給料は安いからなる価値がない! インターネットを見ているとこのような内容の書き込みを見かけることがあります。極論だとは思いますがその要素がゼロなわけではありません。 未経験から医療事務を目指している方は、このような情報...
スポンサーリンク
給料とボーナス

医療事務の資格があると給料は上がるのか

別の記事でも何度か申し上げていますが、私は医療事務の資格を取得しておくに越したことは無いと考えています。 「就職活動で役つのか」「知識は無駄にならないか」という点からお話してきましたが、 「資格があると給与も上がるのか」という質...
給料とボーナス

医療事務の月給だけに注目は危険!手当や賞与次第で給料が下がる場合も

医療事務では、手当や賞与のことを考えずに、月給の金額だけで勤務先を選んでしまうと、年収が下がってしまうことがあります。医療事務にも様々な給与体系がありますが、給与体系の代表的な罠を例に、転職で給料を下げないように確認すべき点をご紹介します
給料とボーナス

医療事務の給料で生活していけるか不安なあなたへ将来をシュミレーション

「医療事務の給料でこれから先生活していけるのか?」医療事務の給料水準は低めですので、未経験で医療事務へ転職しようとお考えの方の中には、このような漠然とした不安がある方も多いのではないでしょうか。将来の漠然とした不安を解消するヒントになれば幸いです。
看護師

採用内定通知をもらった後に給与交渉しても良いか

先日看護師の方から「内定をもらった後に給料の金額を交渉しても良いか」という質問を頂きました。看護師でなくても内定後の給与交渉にはネガティブなイメージがありますが、状況によってはアリです。給料の金額を上げる交渉はクリニックの院長からの印象は悪くなりますが、給料の金額がはっきりしないのに勤め始めるのは避けましょう。
給料とボーナス

クリニック勤務の医療事務にも定期昇給やボーナスはあるの?

「医療事務の転職活動を行ってクリニックに就職すると昇給やボーナスが無いのではないか」と心配される方がいらっしゃいます。 「クリニック」と言っても、ドクターが院長先生のみで行っている個人のクリニックから、大勢のドクターを抱え組織的に経営...
給料とボーナス

医療事務の給料でひとり暮らしは可能か!?今後の給料を上げる方法

医療事務の給与について何度かお話しておりますが、医療事務で就職してひとり暮らしでやっていけるのかを検証してみましょう。 診療科・規模・地域に加えクリニックへの貢献度と評価制度でもらえる給料に差はありますが、今回は東京を例にとってお話し...
給料とボーナス

給料相場が安くても医療事務が人気職業なのはなぜ?

女性に人気の職業でトップクラスの医療事務ですが、正社員であっても給料の水準は安いです。「給料が高いか安いか」は大切ですが、目先の利益だけではなく、女性の将来を考えると、ご主人の転勤や子育てに対応できる等、医療事務が人気の理由が見えてきます。
タイトルとURLをコピーしました