面接中の質問

面接中の質問

有給休暇を取得できますか?聞きにくいけど重要な質問を面接で聞く方法

面接の際に確認しておきたいけれど、こんなこと聞いていいものか・・・そんな質問の代表格として「有給休暇」に関するものがあります。 病院・クリニックに関係なく、事業者は今年から働き方改革で有給休暇を年間5日使用させる義務が発生しますが、こ...
面接中の質問

医療事務の面接でホームページについて質問された時の対策と質問の意味

「当院のホームページを見てわからないことなどありませんでしたか?」最近の医療事務の面接では、特に未経験の方へホームページの質問をすることが多くなりました。ホームページの質問をする目的と答え方、準備方法についてお話しします。
面接中の質問

「いつ頃から勤務を開始できますか?」に対する最適な答え方

「勤務開始日はいつ頃ですか?」「いつから働けますか?」 医療事務でなくても、転職で面接を受ける際は、勤務開始予定日を聞かれます。 クリニックの人事担当者は、現職がある方を採用する場合、入職までに時間がかかることは承知していると思...
スポンサーリンク
逆質問

医療事務の職場環境を探る逆質問!退職理由で働きやすさが見えてくる

医療事務の面接で逆質問時にどんな質問をしたら良いかは、すでにこちらの記事でお話しましたが、働きやすいクリニックかどうかを見分ける質問の選択肢は多いにこしたことはありません。 この質問1つで、働きやさの全てがわかるわけではありませんが、...
面接中の質問

どんな医療事務になりたい?将来のキャリアに関する質問の答え方

医療事務は長く働くことができる職業ということもあり、面接で将来の展望に関する質問を受けることがあります。長く働きたいとお考えの方は、理想とする将来の働き方のイメージがあると説得力が増しますので、模範解答を出しながらご説明します
面接中の質問

看護師や医療事務の面接で病気についての質問は合法?

看護師や医療事務の面接では様々な質問を受けます。その中でも聞かれて違和感があるのが過去から現在までの病気について、いわゆる既往歴です。看護師や医療事務など医療職であることは関係なく、業務上の必要性があれば、病気や既往歴に関する質問に問題はありませんが、聞いてはいけない質問もありますので注意しましょう。
面接中の質問

面接中の質問はどのタイミングで行うべきか

あらかじめ考えた質問の場合は、面接の最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれたタイミングで答えるのが良いと思いますが、面接中の会話の中で質問が出てきた場合には、どのタイミングで質問するのが良いのでしょうか。 重要な質問であれば会話を...
逆質問

医療事務未経験の面接でしてはいけないNG逆質問

多くの場合、医療事務の面接では最後に「何か質問はありますか?」という旨の質問があります。これは「逆質問」と呼ばれており、面接では最後のアピールの場になります。 皆さん対策をされていると思いますが、特に未経験の方は「絶対に逆質問してはい...
面接中の質問

喫煙者は不採用!?看護師や医療事務の面接でタバコの質問が出たら

医療事務や看護師の面接でよく聞かれる質問の中に、タバコに関するものがあります。 特に近年は喫煙と健康についてのお話を聞く機会も多く、医療機関での喫煙は難しい傾向にありますので、面接の際は答え方を気をつけなくてもはいけません。 「喫煙...
面接中の質問

給料と休みと残業とボーナス!面接で質問しにくい条件面の質問例

給料や休暇の質問は「質問したいけれど質問しにくい項目」です。 求人票の記載どおりであることは大前提ですが、「求人票どおりである確証を得たい」「実績はどうなのか?」など、記載されていないことを確かめたいこともあるでしょう。 このよ...
タイトルとURLをコピーしました