「 必要なマナー・接遇 」一覧

電話対応は新人の仕事?医療事務未経験者が電話対応を行うリスク

電話対応は新人の仕事?医療事務未経験者が電話対応を行うリスク

クリニックの医療事務の仕事には電話対応が含まれますが、私は新人や医療事務未経験のスタッフを電話に出すべきではないと考えています。予約制のクリニックではなかったとしても、電話でいただくご質問にも対応していかなければなりませんし、頂く質問にもかなりのパターンが考えられ、入職当初は対応に戸惑うことも多いでしょう。

態度が悪い受付は観察力をつけ接遇レベルを向上させよう

態度が悪い受付は観察力をつけ接遇レベルを向上させよう

クリニックの受付では高い接遇レベルが求められます。受付はクリニックの顔ですので、至らない点が多いと「態度が悪い」といったクレームの対処になることもあり、決して軽視できないポジションです。医療事務の方が担当する場合も多々ありますが、接遇レベルが上がらないスタッフには観察力を身につけていただきます。その方法をご紹介します。

医療業界では必須!「御机下」と「御侍史」の読み方と使い方

医療業界では必須!「御机下」と「御侍史」の読み方と使い方

医療業界では紹介状などで御机下、御侍史という言葉をよく使用します。医療事務の方は主に紹介状作成の際必須の知識になるので覚えておきましょう。読み方ですが「御机下」は「ごきか」「御侍史」は「おんじし」です。使用方法を間違うと重大なマナー違反になりかねませんので、意味と使用方法を正しく覚えて使いこなしてください。