「 研修 」一覧

医療事務は相手の立場に立って考える姿勢を貫こう

医療事務は相手の立場に立って考える姿勢を貫こう

相手の立場に考えることはコミュニケーションの基本でもあり、医療事務として働く方皆さんに常に頭の片隅に置いておいて頂きたいことの1つです。「自分が患者様だったらこうしてらえたら嬉しい」という観点を忘れないようにすればいいだけですので、そこまで難易度が高いわけでも特別なことでもありませんが、実はできない方が多いのも事実です

余裕がある医療事務になるにはいかに楽するかが大切

余裕がある医療事務になるにはいかに楽するかが大切

医療事務は仕事の幅が広い職種ですので、日々の仕事に100パーセント注力していて余裕がないスタッフを良く見かけます。自分の仕事を振り返り、仕事の仕方を変えたり、新しくできる仕事を増やしたりする余裕を身につけるには、「いかに楽をするか」という考え方が必要です。楽をする=サボるということではありませんのでご注意ください。

できる医療事務は使っている4つのクッション言葉

できる医療事務は使っている4つのクッション言葉

医療事務は患者様以外にも、院長先生、看護師などの医療従事者と話をしなければなりません。親しき仲にも礼儀あり。仕事ができる医療事務は、患者様だけではなく、一緒に働いているメンバーへの言葉遣いにも注意しています。できる医療事務になるために次の4つのクッション言葉を是非マスターしてください。

新人医療事務が育つ環境を作る!指導方法と教わり方

新人医療事務が育つ環境を作る!指導方法と教わり方

「スタッフが新人をいじめてしまって辞めてしまうのをなんとかしたい」よくクリニックの院長先生からご相談いただく項目の1つです。新人の医療事務が入職すると、先輩社員は仕事を教えなければなりませんが、指導をしている方とされている方で主張は大きく異なります。それぞれの立場を考えながら行動をとることが求められます。

観察力を鍛えコミュニケーションスキルを高めよう

観察力を鍛えコミュニケーションスキルを高めよう

スタッフのコミュニケーションスキルが低いことをクリニックの院長先生からよくご相談いただきます。コミュニケーション力は医療事務や看護師のように人と接する仕事であれば、最低限必要なスキルと言えます。広い範囲で使用されるため、これを高める為に何をしたら良いかよくわからない方はまず観察力を鍛えることからはじめましょう。

仕事ができない医療事務こそスピード重視の仕事術

仕事ができない医療事務こそスピード重視の仕事術

仕事ができないといわれる医療事務はまずスピードを重視すべきです。多くのクリニックでは研修環境が整っておらず挽回には個人の力が大きく問われます。私が提案するのは、仕事が出来ないうちはとにかくスピード重視。もしもあなたが医療事務で仕事ができないと悩んでいるのならようなら、スピード重視の仕事を身につけてください。

態度が悪い受付は観察力をつけ接遇レベルを向上させよう

態度が悪い受付は観察力をつけ接遇レベルを向上させよう

クリニックの受付では高い接遇レベルが求められます。受付はクリニックの顔ですので、至らない点が多いと「態度が悪い」といったクレームの対処になることもあり、決して軽視できないポジションです。医療事務の方が担当する場合も多々ありますが、接遇レベルが上がらないスタッフには観察力を身につけていただきます。その方法をご紹介します。

真面目だけど仕事ができない医療事務社員の原因と育て方

真面目だけど仕事ができない医療事務社員の原因と育て方

真面目に仕事に取り組む社員は本来賞賛される要素ですが、真面目なだけで仕事ができない医療事務の社員も存在します。勤務態度が悪い医療事務であれば、たまには叱りつけることも有効ですが、真面目に仕事をしていてもなかなか結果が出ない医療事務の社員に「何故できない!」と問い詰めたところで効果はありません。