「 よくある質問 」一覧

面接中の質問はどのタイミングで行うべきか

面接中の質問はどのタイミングで行うべきか

面接の質問を前もって考えていくことは悪いことではありません。考えた質問は全て面接の最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれたタイミングで答えるのが良いでしょう。面接中の会話の中で質問が出てきた場合には、どのタイミングで質問するのが良いのでしょうか。重要な質問は会話中で行うべきですが、そのタイミングをみていきましょう。

喫煙者は不採用!?看護師や医療事務の面接でタバコの質問が出たら

喫煙者は不採用!?看護師や医療事務の面接でタバコの質問が出たら

医療事務や看護師の面接でタバコに関する質問をされることがあります。特に近年は医療機関での喫煙は難しい傾向にありますので、面接の際は答え方を気をつけなくてもはいけません。 「正直にありのままを話す」が原則ですが、タバコに関しては、たとえ喫煙者であっても、「喫煙はしていない」と答えるのがベストです。

逆質問で差をつける!医療事務面接で最後に印象付ける質問例

逆質問で差をつける!医療事務面接で最後に印象付ける質問例

面接の終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれることは定番です。これは「逆質問」と呼ばれる項目で、医療事務の面接でも今までの印象をさらに良くするチャンスでもあります。ここで「ないです」「特にありません」などと答えてしまっては、好印象な部分まで壊してしまいますので注意してください。もちろんこの質問をする目的も解説します。

未経験者が医療事務の面接でよく聞かれる質問と対策の考え方

未経験者が医療事務の面接でよく聞かれる質問と対策の考え方

未経験で医療事務の仕事を希望していらっしゃり、見事書類選考を突破してこれから面接を受けられるのであれば、万全の対策を整えて面接に臨みましょう。対策も取らずに未経験者が医療医療事務の面接に臨むのはあまりにも無謀ですので、まずはどんなことを聞かれる傾向にあるかだけでも把握し、それに答えられるようになりましょう。