面接が苦手な方必見!面接を録音して反省点を生かすという提案

面接が苦手な方必見!面接を録音して反省点を生かすという提案

面接対策をきちんとしていても、未経験で医療事務になる場合は、経験者の方に比べて知識が劣ることが予想され、そもそも面接という場に慣れてないという問題点があります。面接で緊張して上手く話せなかったとしても、面接を録音してその反省を次回の面接に生かすという方法があります。面接が苦手な方は試してみてください。

整骨院や鍼灸院の受付経験者が医療事務に採用される為の志望動機

整骨院や鍼灸院の受付経験者が医療事務に採用される為の志望動機

医療事務の採用試験を受けるとき、整骨院や鍼灸院の受付経験があるのなら、これを志望動機に組み込むというのはいかがでしょうか。整骨院や鍼灸院をはじめとする医療関係での経験は本来プラスに働くべきですが、使用方法を間違えると良い評価を得られない可能性もあるので、志望動機のポイントと注意点を合わせてお話します。

電話対応は新人の仕事?医療事務未経験者が電話対応を行うリスク

電話対応は新人の仕事?医療事務未経験者が電話対応を行うリスク

クリニックの医療事務の仕事には電話対応が含まれますが、私は新人や医療事務未経験のスタッフを電話に出すべきではないと考えています。予約制のクリニックではなかったとしても、電話でいただくご質問にも対応していかなければなりませんし、頂く質問にもかなりのパターンが考えられ、入職当初は対応に戸惑うことも多いでしょう。

医療事務の面接で過去の経験が評価されなかったら辞退が妥当?

医療事務の面接で過去の経験が評価されなかったら辞退が妥当?

医療事務の採用では良くあることなのですが、過去医療事務の経験があるにもかかわらず、医療事務経験者と評価されないことがあります。異なる診療科目だったり、医療事務として働いてもレセプト経験がなかったり、クリニックによりその理由は様々ですが、過去の経験が評価されない場合は採用を辞退することが妥当なのでしょうか。

到着時間は何分前が理想的?面接が始まるまでの待ち方について

到着時間は何分前が理想的?面接が始まるまでの待ち方について

医療事務の面接へ行くときは何分前に行くのが理想的でしょうか。面接開始時刻より前に到着していることは当たり前ですが、あまり早く行き過ぎるのも良くありません。「最寄り駅に着いた所から面接は始まっているかもしれない」くらいの意識で面接が始まるまでの待ちかたにまでこだわってみましょう。

看護助手から医療事務へ転職!看護助手経験を強みにする自己PR

看護助手から医療事務へ転職!看護助手経験を強みにする自己PR

看護助手はクリニックでは医療事務と並んで人気があります。医療事務と比べると看護助手を募集しているクリニックは少ないですが、看護助手の経験を積むことがどうキャリアとなるかを考えてみましょう。医療事務への転職を考えている方は、自分の強みとできる部分を整理できるととても良い自己PRができると考えています。

大卒の学歴があれば未経験で新卒でも医療事務になりやすいのか?

大卒の学歴があれば未経験で新卒でも医療事務になりやすいのか?

医療事務には様々な学歴の方がいらっしゃいます。「大卒で医療事務というのをどう思うか」という質問をいただくことが多いので、現状の私の見解をお話しておきます。大卒の方は企業等で研修等を受け、社会人としての基本を早いうちから形成している方が多く、大卒の医療事務の方とお話しすると要望がスムーズに通じる方が多いのも事実です。

何故医療事務を目指したのか?履歴書に書ける志望理由の例

何故医療事務を目指したのか?履歴書に書ける志望理由の例

最近「医療事務 目指した理由」で検索されることが多くなりました。面接官にウケが良い医療事務を志望した理由は人それぞれではありますが、本音で理由を話すとマイナス評価になってしまう可能性が高いので、履歴書や面接で使える目指した理由でもっともらしい医療事務になりたい理由とはなんでしょうか。