医療事務歴3ヶ月!弱点を強みにする志望動機の例文

医療事務歴3ヶ月!弱点を強みにする志望動機の例文

医療事務の志望動の機添削のご依頼をいただきました。前職は都内の某有名病院ですが、クリニックへの転職を希望されています。「大学を中退している」「医療事務の勤務実績が3ヶ月」という弱点をどのように言い換えて強みとしていくかは重要なポイントですのでこちらの例文を元に弱点を強みに変える方法を学んでください。

産婦人科の医療事務へ転職!経験を志望動機に生かす例文

産婦人科の医療事務へ転職!経験を志望動機に生かす例文

病院にて産婦人科の医療事務経験があり、産婦人科のクリニックへの就職を希望されていらっしゃる方より、志望動機添削のご依頼をいただきました。以前の経験であり、経験年数も多くはないので、そのままではアピールポイントとして弱いですが、販売職と医療事務の両方の経験を持つ自分だからこそできることをアピールすることがポイントです。

看護師は兼業や副業を禁止?クリニックで働く場合

看護師は兼業や副業を禁止?クリニックで働く場合

看護師でクリニックへ就職希望の方には、兼業や副業でアルバイト希望の方がいらっします。兼業や副業には2つの医療機関の掛け持ちだけではなく、看護師としての技術向上を目的とする場合や、ボランティア活動、趣味や特技の練習との兼業などそのバリエーションは様々です。クリニックに兼業でお勤めになりたい看護師の方は是非ご参照下さい。

悪いクチコミが多いクリニックには就職しない方が良い!?

悪いクチコミが多いクリニックには就職しない方が良い!?

医療事務や看護師の就職活動中に「面接予定のクリニックの評判をインターネットで調べたら、悪いクチコミばかりで不安だ」という経験はないでしょうか?結論から申し上げれば匿名のクチコミは気にする必要はありあせん。そのような場所で悪い評判のクリニックが必ずしも就職先として最悪とはかぎらないからです。

観察力を鍛えコミュニケーションスキルを高めよう

観察力を鍛えコミュニケーションスキルを高めよう

スタッフのコミュニケーションスキルが低いことをクリニックの院長先生からよくご相談いただきます。コミュニケーション力は医療事務や看護師のように人と接する仕事であれば、最低限必要なスキルと言えます。広い範囲で使用されるため、これを高める為に何をしたら良いかよくわからない方はまず観察力を鍛えることからはじめましょう。

仕事ができない医療事務こそスピード重視の仕事術

仕事ができない医療事務こそスピード重視の仕事術

仕事ができないといわれる医療事務はまずスピードを重視すべきです。多くのクリニックでは研修環境が整っておらず挽回には個人の力が大きく問われます。私が提案するのは、仕事が出来ないうちはとにかくスピード重視。もしもあなたが医療事務で仕事ができないと悩んでいるのならようなら、スピード重視の仕事を身につけてください。

職務経歴をストーリーにすることで生まれるメリット

職務経歴をストーリーにすることで生まれるメリット

医療事務の面接で前職の退職理由を聞かれるというのはもはや定番ですが、最近はクリニックでも職務経歴を始めから最後まで聞いていくところが増えています。前職の退職理由はしっかりと考えていても、前職以前のの退職理由はあまり考えていないという方もいらっしゃると思いますので、面接対策の1つとして提案します。