資格なしで医療事務に採用される為の準備

資格なしで医療事務に採用される為の準備

医療事務の資格の種類は様々ですが、共通するのは取得に費用がかかるということです。また、費用面以外でも、現在の仕事をしながら資格のの勉強をするだけの余裕がない方など、状況によっては「資格を取得してから就職する」という方法が不可能な場合もあります。このような方がどのような準備を行うことが採用に繋がるのかを解説します。

医療事務への就職は資格がなくても可能だが「必要ない」は極論!

医療事務への就職は資格がなくても可能だが「必要ない」は極論!

医療事務資格がなくてもは必要ないというお話を耳にします。確かに未経験で資格がなくても医療事務に就職している方はいらっしゃいますが、この主張は明らかに極論です。未経験者が医療事務として就職する手段として、資格の取得は1つの有効な手段であるといえます。医療事務資格を取るメリットをお伝えします。

長すぎてもダメ!医療事務の志望動機に最適な文字数

長すぎてもダメ!医療事務の志望動機に最適な文字数

医療事務の面接や書類選考のために志望動機を作成していると、文字数が増えすぎてしまうことがあります。内容も大切ですが最適な文字数に収める努力を怠らないようにしましょう。インターネットの媒体では文字数に制限がかかっている場合もありますので、その場合は制限の文字数に従ってください。

求人票で要チェック!診療時間と休日と給料と福利厚生の確認方法

求人票で要チェック!診療時間と休日と給料と福利厚生の確認方法

面接の際は必ず求人票をチェックします。特に医療事務の採用試験を受ける際に注目すべきは、診療時間、休日、給料、福利厚生です。この4点は求人票を見る上で基本中の基本です。「ちゃんと確認している」という方も、医療機関特有の事情や傾向を踏まえてより詳細にシュミレーションしましょう。

面接が苦手な方必見!面接を録音して反省点を生かすという提案

面接が苦手な方必見!面接を録音して反省点を生かすという提案

面接対策をきちんとしていても、未経験で医療事務になる場合は、経験者の方に比べて知識が劣ることが予想され、そもそも面接という場に慣れてないという問題点があります。面接で緊張して上手く話せなかったとしても、面接を録音してその反省を次回の面接に生かすという方法があります。面接が苦手な方は試してみてください。

整骨院や鍼灸院の受付経験者が医療事務に採用される為の志望動機

整骨院や鍼灸院の受付経験者が医療事務に採用される為の志望動機

医療事務の採用試験を受けるとき、整骨院や鍼灸院の受付経験があるのなら、これを志望動機に組み込むというのはいかがでしょうか。整骨院や鍼灸院をはじめとする医療関係での経験は本来プラスに働くべきですが、使用方法を間違えると良い評価を得られない可能性もあるので、志望動機のポイントと注意点を合わせてお話します。