外来クラークの仕事内容とは?クリニックにおける医療事務との違い

外来クラークは医療事務とは異なる職種で、主な仕事内容は、カルテの受け渡し、連絡事項の伝達、電子カルテの入力などです。仕事の内容は幅広いですが、資格なしでもできる仕事ということもあり、医療系の仕事では目指しやすい職種です。クリニックでは外来クラークの求人は少ない傾向にありますが、医療事務との違いについても解説します。

医療事務の給料でひとり暮らしは可能か!?今後の給料を上げる方法

医療事務の給料については何度かお話しておりますが、医療事務として働きながらひとり暮らしでやっていけるのかを検証してみましょう。可能か不可能かといわれれば可能ではありますが、住む場所や生活レベルの制限はやむを得ませんので、将来的に給料を上げる方法にもふれながら豊かになるコツをお教えします。

クリニックで患者様にアンケートをとるならタイミングが重要

クリニックの潜在的なクレームを未然に発見する為には、患者様へ匿名のアンケートを行うことが有効です。院長先生には直接は言いにくいことも聞くことができます。また、経費がほとんどかからないという点も魅力でしょう。しかし、タイミングを間違えるとかえってダメージを負うことになりますので、正しいタイミングで行うようにしましょう。

真面目だけど仕事ができない医療事務社員の原因と育て方

真面目に仕事に取り組む社員は本来賞賛される要素ですが、真面目なだけで仕事ができない医療事務の社員も存在します。勤務態度が悪い医療事務であれば、たまには叱りつけることも有効ですが、真面目に仕事をしていてもなかなか結果が出ない医療事務の社員に「何故できない!」と問い詰めたところで効果はありません。

仕事ができない医療事務!その原因は院長先生にあるかもしれない

クリニックの院長先生とお話していると「うちの医療事務は仕事ができない」というお話をよく伺います。実際現場が上手くまわっていないのは、特定の医療事務スタッフが仕事ができないのとは別に原因があるケースもよくあります。スタッフ個人の実力に頼りきりではいつか息切れを起こします。このような組織で起きている事例を検証します。

クリニックの医療事務でも産休を取得することはできる!

クリニックでは、医療事務・看護師ともに女性のスタッフがほとんどですので、産休・育休の制度に関して興味をお持ちの方も多いでしょう。この記事を通して産休とはどんな制度なのか知っておきましょう。「個人のクリニックでは産休や育休を取得しにくい」と聞いたことがあるかもしれませんが、産休を取得できないことはないのでご安心ください。

未経験で資格なしでも最短の手順で医療事務になる方法

医療事務未経験者で資格をお持ちでない方が、最速で医療事務になる方法をご紹介します。手順を効率化し「医療事務に資格はいらないの?」「医療事務の仕事は難しそう」など、未経験の方にありがちな迷いや不安から開放し、「医療事務になる」という目的を達成する為にできるだけ負担がからない方法を考えてみました。

医療業界では必須!「御机下」と「御侍史」の読み方と使い方

医療業界では紹介状などで御机下、御侍史という言葉をよく使用します。医療事務の方は主に紹介状作成の際必須の知識になるので覚えておきましょう。読み方ですが「御机下」は「ごきか」「御侍史」は「おんじし」です。使用方法を間違うと重大なマナー違反になりかねませんので、意味と使用方法を正しく覚えて使いこなしてください。

新人だと支給されない?クリニックで働く看護師のボーナスについて

看護師の方から「他のスタッフにはボーナスが支給されたのに自分だけが貰えなかった」というご相談をいただきました。医療機関では6月と12月に支給されることが多いボーナスですが、個人経営のクリニックではボーナスの支給条件が曖昧な場合も考えられますので順を追ってお話していきます。