そのケガ労災です!実はよく知らない労災って何?を簡単に解説

「勤務中のケガは労災になるので健康保険は使えません」

医療事務として働く方の多くは、このセリフを言ったことがあると思います。

「仕事中のケガは労災」ということは、医療事務であればご存知だと思いますが、実際どういう流れで労災の適用となるのか、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

労災保険って何?

労災とは、「仕事が原因の病気やケガに対して、国から保険金の支給を受けることができる制度」のことです。

仕事が原因のケガや病気は、「労働災害」と認められれば、その治療には労災保険制度が使われます。

明らかに仕事が原因であるものは問題ありませんが、その因果関係が微妙な場合は、認定されないこともあります。

従業員は必ず加入している

労災保険の保険料を支払っているのは、所属している会社です。医療事務の方であれば、所属している病院またはクリニックで加入しています。

従業員を1名でも雇用している場合、雇い主は必ず労災保険に加入しなければなりません。

労働者が加入のための手続きをする必要はありませんし、保険料を支払う必要もありません。

雇用形態(正社員、パート、日雇い労働など)にかかわらず、雇用されたら自動的に加入しています。

会社が払っていなかったら?

ある程度の規模がある会社に所属している方は問題ないとして、個人経営のクリニックのように、小規模な会社や組織では、労災保険料を支払っていないことも考えられます。

管理がずさんであったり、そもそも労災保険の加入は義務であることを、知らない可能性すらあります。

個人経営のクリニックですと、この傾向があります。

もしそうだとしても安心してください。たとえ会社が労災保険を納めていなくても、保険金を国から受け取ることができます。

※会社は過去にさかのぼって、国から保険料を徴収されます。

ただし例外はある

「従業員が5人未満の個人経営の農業・水産業」は労災保険が適用されないなど、一部の事業には労災が適用となりません。

かなり限られた業種ですので、「例外がある程度」に考えてください。

スポンサーリンク

どんな場合に労災と認められるのか

仕事中負ったケガは基本的に労災として認められます。

クリニック内でカルテを取りに行くとき転んでケガをした、通勤途中に自転車とぶつかっってケガをしたなどのご状況は、症状に関係なく労災認定されます。

看護師だと、「針刺し」のトラブルなども労災の対象です。

イレギュラーに発生した勤務中のケガは、労災が認められる典型的なケースです。

働きすぎでうつ病でも労災?

認められる可能性はありますが、「仕事が原因であること」を明確にしなければなりませんが、仕事との因果関係を示す医師の診断書があれば、認められる可能性は十分にあります。

紙カルテ運びで腰痛になった、電子カルテの操作で腱鞘炎になったといったケースも同様です。

通勤途中の事故

通勤中の事故も労災の対象です。

満員電車から降りる際に転んだ、駅の階段を踏み外して落ちたなどが考えられますが、申請した通勤経路を逸脱すると、寄り道と扱われてしまう場合もあります。

寄り道とみなされると認定されない場合もあります。

申請して労災と認められると・・・

労災として認められると、治療費や休業している間の給与が支払われます。

治療費は全額、休業給付は休んで4日目以降の給与の8割(正確にはボーナスなどの特別給与を除いて計算した額の8割)が支給されます。

大きなケガなど、1年半が経過しても治らず、引き続き重症であれば、労災保険から傷病年金が支給されたり、後遺症がある場合の給付などもありますが、

ざっくり、ケガの治療費と、会社を休んでしまった間の給料の8割が支給されるということがわかれば、医療事務の対応としては十分ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

労災の概要をお話ししましたがいかがだったでしょうか。

結局「仕事中のケガ=労災」だけ覚えればよいような気もしますが、

療事務の仕事をおこなうのであれば、「この場合は労災なのか?それとも普通の診療なのか」といった質問にも、答えられたほうが頼れる医療事務になれそうです。

勤めているクリニックが、労災保険医療機関ではないこともありますので、患者様への対応方法はクリニックの院内ルールに従ってください。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする