医療事務から他の職種へ転職するときの強みを考える

医療事務の経験は転職に有利ですが、あくまで別の医療機関で医療事務に応募する際の話です。

では、医療事務の方が、医療業界以外のお仕事を希望される場合は、どのようにアピールしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

医療事務の認知度とアピールできるスキル

医療事務は名称だけであればある程度の認知度はありますが、

一般企業の人事の方で、医療事務の仕事内容を詳しく把握されている方は、ほとんどいないはずです。

「医療事務の仕事を通して培ったスキルを生かして」などと志望動機に記入しただけではつたわりませんので、それが何なのかを具体的に説明できる必要があります。

担当しているお仕事によってアピールすべきポイントも変わってくるとは思いますが、一般企業でも役立ちそうな医療事務のスキルを考えてみましょう。

マルチタスク

「マルチタスク」という表現では仕事の行い方に個人差がありすぎて、ピンとこないかもしれませんが、

医療事務のマルチタスクは、最優先業務をこなしながらも、通常業務に支障を生じないよう調整する力と言えます。

ご来院される患者様の数が多ければ、それだけ要求も多く、イレギュラーな対応をしながらも、患者様をお待たせすることなく、受付から会計まで行わなければなりません。

また、通常は受付業務よりも、院内で円滑に患者様を誘導したり、医師や看護師との連携など、通常は見えない仕事の方が占める割合が大きいので、

患者様から見える以上の仕事をマルチタスクでこなしている点を強みとしてアピールしてはいかがでしょうか。

通常業務に加えて、院長先生からのイレギュラー対応を最優先でこなしているのであれば、それも立派なアピールポイントになります。

自分で学ぶ力

働いていれば当たり前と言われてしまいそうなので、始めからドヤ顔でPRするのはどうかと思いますが、医療事務の教育はOJT形式であることがほとんどですので、わからないところを自分で調べながらスキルを積み上げた経験がある方がほとんどではないでしょうか。

例えば、レセプトを担当している方であれば、先輩社員から教わったものをベースに、別のケースの場合を自分で調べ、勉強しながら知識を増やしているのではないでしょうか。

ひたすら本を読み込む、セミナーなどに参加し、外部の情報網を積極的に作るなど、勉強方法は様々ですが、

具体的なエピソードを交えながら、自分の力で知識を身に着ける努力をしてきたというアピールは、どの業界でも通じるところだと思います。

この点をアピールするのであれば、転職先が未経験の業界であっても十分なリサーチを行うことが説得力を増す要因になります。

コミュニケーションスキル

接客業経験者の方がご自身のアピールに使用することが多いスキルですので、1番の強みに持ってくると、他に埋もれてしまう可能性が高いですが、2つ目としてであれば使用するのもよいと思います。

特に医療事務は様々な患者様の対応をしなくてはなりません。患者様は疾患別でご来院されるので、診療科目と地域によって大きく患者層が異なります。

患者様の中には様々な人がおり、院内でのコミュニケーションも円滑にしておかなければなりませんので、長く医療事務として活躍された経験がある方には、政治力を持ち合わせていることが少なくありません。

また、「上司が年下」であることも珍しくありませんので、このような体験がある方は、その点も交えてアピールするの良いのではないでしょうか。

ただし、本来コミュニケーション力は面接でPRしなくても相手に伝わるものですので、やりすぎはいけません。

スポンサーリンク

PCスキル

医療機関では高度なPCスキルは必要とされませんので、PCスキルが求められる職種への応募には二の足を踏んでしまうかもしれません。

電子カルテ・レセコン

医療事務の仕事中は、電子カルテやレセプトコンピューターを使用していると思いますが、医師の横で診療力を打ち込んでいいる場合を除き、ほぼマウス操作で完結するよに作られていますし、

医療機関特有のものであるため、他の業界への汎用性は少ないのは確かです。

しかし、医療事務の方が他の業界の方と比べてPCレベルが低いかといわれるとそうでもありません。

電子カルテのデータをCSVで落とし、それを加工して売上報告を行っていたなどの経験がある場合は、そちらを強く書いておくことをお勧めします。

クリニックでも売上を分析したり、チラシを作ったりといったスキルは必要ですので、高度なエクセルが使用できないと仕事にならない場合を除いては、ある程度対応できるはずです。

不安ならPCの資格を取得する

医療事務で長く仕事をされ、PCスキルに不安を感じているのであれば、資格を取得してカバーするという手段もあります。

ワードやエクセルなどの資格ですと、「オフィススペシャリスト」が有名です。

この資格があるだけで面接が有利に働くことはほとんどありませんが、PCスキルにあるコンプレックスは弱くなります。

自信に満ちた態度で面接に臨めるのであれば、資格を取得する意味も十分にあるのではないでしょうか。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする