医療事務の筆記試験を行う目的と例題を解答付きで紹介

規模が小さいクリニックで、面接以外に筆記試験が導入されているのは珍しいケースかもしれませんが、

ある程度以上の医療機関では、面接に加え筆記試験を採用していることもあります。

「医療事務の筆記試験」は一般的とは言えないので、なかなか対策が立てにくいのですが、私が知る限りの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

筆記試験の内容

医療事務の筆記試験として出題頻度が高い項目をにご紹介していきます。

筆記試験の傾向は医療機関によって大きく異なりますので、参考程度にされることをお勧めします。

医療事務の基礎知識

あくまで医療事務の「基礎知識」を求める内容ですので、医療事務経験がある方であれば特に大きな問題はないでしょう。

未経験の方は苦戦する方もいらっしゃいますが、多くは資格取得に必須の基礎知識ですので、経験がなくても対応できるはずです。

応募する医療機関の診療科に関する内容になることが多いので、特有の言い回しや医療用語は対策した方が良いかもしれません。

漢字

出題頻度が高いわけではありませんが、読み方を訪ねる問題もあります。

多くの医療機関では電子化の流れにありますが、すべてを電子化するのはなかなか難しく、

例えばメモを書いて渡す、口頭で診療内容を伝えるといった場合に、読み書きができないことで業務が進まないことは容易に想像できます。

漢字の問題も、標榜している診療科目で使用されるものは対策をしておくのが無難です。

例えばこちらの漢字は読めるでしょうか?

・例題:次の漢字の読み方を答えなさい
「専ら」「宛ら」「御侍史」「範疇」「粉瘤」「痒疹」「高診」

答え:「もっぱら」「さながら」「おんじし」「はんちゅう」「ふんりゅう」「ようしん」「こうしん」

「専ら」「宛ら」「範疇」は一般常識の漢字ですが、「御侍史」「高診」は紹介状で良く使用します。「粉瘤」と「痒疹」はともに皮膚科のクリニックへの就職をご希望であれば、読めて当たり前のレベルです。

参考:『医療業界では必須!御机下と御侍史の読み方と使い方

参考:『「ご高診の程お願いします」医療業界特有の表現と丁寧な理由

一般常識

ここでいう一般常識とは、患者様への敬語の使い方に代表される「ビジネスマナー」や、簡単な時事問題などです。

稀ですが計算問題が含まれていることもあります。

個人的には、計算が早い、もしくは正確な方は即戦力とならずとも伸びしろがあるというのは納得です。

医療事務の知識はとてもあるのだけれど、一般常識がない、もしくは足りない方は、勤める医療機関によっては魅力的に映りません。

対策は難しいですが、最低限のビジネスマナーを学んでおけば、筆記試験を終えて医療事務として働く上でも役に立ちます。

患者様対応の例

例題:患者様に「あとどれくらい待ちますか?」と聞かれたらどのように対応しますか?

医療事務の仕事の中では、よくいただく質問ですが、これがそのまま問題になっていたことがありました。

医療機関によって対応が異なるので、厳密には正しい答えはいくつもあるとは思いますが、特定の状況下における行動を、協調性や正確性の観点からみていると考えられます。

解答例:1、まずその患者様がどのくらいの時間待っているのかを確認する。
2、通常の待ち時間であればその旨を患者様へ説明する。
3、こちらの不手際でお待たせしてしまっている場合は上司に相談する。

上記の手順でまず状況を判断します。

2、でご説明する場合は、「お待たせして申し訳ございません。あと〇〇分で(もしくは〇人目)でご案内できるかと存じますので、もう少々お待ちください。」とお伝えし、ご指摘があった旨を看護師さんへ伝える。

記述問題を想定しているので少し長くなりましたが、どのような仕事を想定しているかで回答は大きく変わります。これが大正解というわけではありませんので、参考程度にかんがえてください。

時事問題

病院の採用試験では、時事問題を取り扱う場合もあります。

新聞やニュースから情報を得て、世の中がどのように動いているかを俯瞰する能力が求められるので、一朝一夕での対応は難しいでしょう。

最低限の世の中の動きがわかっているかを見るとともに、医療業界や医療事務という仕事に対して、どれだけ関心があり、真剣に取り組んでいるかを確かめる効果があります。

「時事問題に詳しければ真剣なのか?」という点には賛否両論あるかもしれませんが、医療に関するニュースを知らなかったり、理解できている方の方が真剣であるというのはあながち間違いではないかもしれません。

新聞から情報を得る場合は、医療関連のニュースのほかに、一面になっているニュースくらいは押さえておくべきでしょう。

スポンサーリンク

筆記試験を行う目的

筆記試験の対策をするのも大切ですが、筆記試験がなぜ行われるのかを考えておくことが、のちの面接で役立つこともあります。

真剣な人を採りたい

特に「未経験の方でも応募可」とすると、医療事務の募集には人が集まります。

未経験の方は、採用側からすると玉石混合ですので、筆記試験を設けることで、中途半端な方をあらかじめ排除することができます。

応募者全てと面接する時間がない場合も有効な方法です。

筆記試験は形式だけのこともある

内部情報ではありますが、形だけ筆記試験を行うものの、点数が合否に大きく関係しない場合もあります。

あくまで「大きく関係しない」だけであり、合否と「無関係ではない」ので注意は必要ですが、個人的には医療用語と最低限のビジネスマナーがわかっていれば、対策すべきはむしろ面接だと考えています。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする