出し直し可能?趣味は何個まで?履歴書の素朴な疑問

6月はボーナスの時期ですので、ボーナスを支給された後に退職しようとする方が増える傾向にあります。

そのためか最近は特に書類選考に関してお問い合わせを頂くことが多いので、書類選考の素朴な疑問にお答えしていこうと思います。

意外に多かったのが「書類の出し直しは可能か」という内容と「趣味は何を幾つ書いたら良いか、選考に関係するのか」といったご質問でしたので、本日はその2点にお答えします。

スポンサーリンク

書類選考の出しなおし

書類選考のために履歴書と職務経歴書を投函したのですが、投函した内容を見直していたら書き直した方がいいと感じました。もう1度送ったほうがいいですか?

書類選考のために履歴書と職務経歴書を投函してした後で、よくよく送付した書類を読み返してみると「もっとこうしておけばよかった」と思う部分があったようで、「書類選考のために投函した書類を後から投函するものに差替えたい」というのがご本人の希望です。

結論から申し上げれば出し直しをすることは可能ですが、デメリットの方が大きくなる可能性があります。その為、実行されうかどうかはご本人次第でしょう。

出し直しのデメリット

書類の出し直しをすることで吉とでるか無駄になるのかは時と場合によります。

修正前からどの程度変更されるのか、どこを変更するつもりなのかによるのですが、住所など個人情報に関わる部分の変更であれば、修正点を明らかにしたうえでもう1部送付してもよろしいと思います。

例えば1ヶ月後にはクリニックの近くに引っ越すと決まっており、あとでその旨を記載していなかったことに気づいたなどという場合が該当します。

一方で志望動機や自己PRなど、選考の核になる部分を変更する場合や、大幅に変更を加えたいと考えている場合は、修正するデメリットの方が大きいと考えます。

普通郵便で投函した場合、以前送付した書類を差し止めにすることはできませんので、修正前の書類と修正後の書類を比べて読まれてしまうことが十分に考えられます。そうすると修正箇所も明らかになってしまいますので、修正前のものを含めて色眼鏡で見られがちです。

このように考えますと、書類の出し直しは良い手段とは言えません。

スポンサーリンク

面接で志望動機を変えるという方法

上記のデメリットを考えると、投函した書類に不備があっても、原則は書類選考を通るよう祈るしかできません。このようなときにできる対策は、書類選考を通過し、面接で話す志望動機を考えることです。

履歴書に書いた志望動機と面接で話す志望動機が違っていてもいいのかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、面接を担当する者としては、おっしゃっていることが大きく変わらなければ大きな違和感は出てこないと考えます。

志望動機が変わっても良い理由

志望動機や自己PRに使用するご自身の強みは複数ありますし、強みに説得力を出すエピソードも数多くあるはずです。

また、面接はコミュニケーションですので「話の流れ」があります。エピソードなどは流れの中でウケが良いものを選べるくらいまで余裕を作るというのもいいでしょう。

面接官によって多少差はあるかもしれませんが、提出した書類の内容から大きくかけ離れていなければ「入念に面接のための準備をしてきた」という評価につながるかもしれません。

スポンサーリンク

履歴書の趣味の数は幾つが適当か

このご質問を頂くまであまり考えたことはありませんでしたが、ベストな個数ということでお話しますと2つ記載するのがよろしいと思います

履歴書の趣味・特技の内容が直接選考にかかることはありませんが、一般的ではない趣味、継続にかかる金銭が高い趣味は避けた方が無難です。

また、読書や映画鑑賞などを記載する場合は、どういった作品が好きなのかという点を補足で記載する方法も良いと思います。

趣味・特技欄の書き方は下記の記事に詳細をまとめていますのでご参照ください。

少し考えればわかることだと思うのですが、履歴書や職務経歴書など、面接時の書類に記載するとが思わしくない内容というものがあります。私が...
クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする