日記をつけて過去からアイディアを

私は不定期に日記をつけています。
(毎日と言いたいところなのですが、毎日はなかなか難しく)

日記というと長続きしないイメージだったり、あまり役に立たないイメージもありますが、私の場合はこの過去を見返してアイディアを得るという意味で非常に役に立っています。

スポンサーリンク

日記をつける形式

実は形式は様々です(笑)
その年その年でつけ方が異なっていて、コクヨのノートに書いてある時もあれば、A4のノートに書いていたり、A5のノートになったり、持ち歩けるようにメモ帳になったり、手帳に書いている時、PCの中に Wordで保管されていたり、textデータだったり・・・

本当は1つ形式にまとまっていれば整理しやすいのかもしれませんが、様々な周期でマイブームが手書きだったり、デジタル形式だったりします。
私はわりと飽きっぽい性格なので、このくらい自由度があったからこそ続けられたとも言いえるのですが、実際に日記をつけてみて、それぞれにメリットとデメリットがあります。

スポンサーリンク

手書き日記のメリット・デメリット

過去を振りかえるという意味では、デジタル化してあるほうが整理がしやすいというメリットがあるわけですが、
手書きの方が書き方や書かれた文字の様子から当時の心情が読み取れたり、他の方のノートのとり方を参考にし、書き方を工夫していたりするので、読み取れる部分が多いというメリットがあります。
もちろん整理しにくい、紛失してしまう、誰かに見られるリスクが高いというようなデメリットもあります。

スポンサーリンク

デジタル形式で日記を書くメリット・デメリット

デジタル形式の場合、日付を検索するのがとても楽です。 1年前の今日はどんなことをしていたのか、どういうことを思っていたのかということを検索するのは、圧倒的にデジタル形式に軍配が上がります。
ただ、デメリットとして、形式が決まっているので単一的な書き方になりやすく、自由な発想というよりは日々の記録としての日記になりがちです。読んでいて楽しくなるという日記は少なく、同じような日記も増えてしまうというのがデメリットでしょうか。

手書きとデジタルのあわせ技

それならばあわせてしまえば合わせるという手もあります。
日記をノートに書き、写真に撮るかスキャンしてデジタルとしても記録を残すという方法です。
ever noteなどで管理すれば、日付の検索もしやすく、その日その日の心情や工夫も良くわかります。
私の場合はノートを見返しながらこれからのヒントを探す時があるので、ノートの全てのページを写真撮影し、 ever noteで一括管理しています。スキャンはノートをばらさないとできないので嫌だという方は参考にしていただけるとうれしいです。

The following two tabs change content below.

Yasu

クリニック専門医療コンサルタント。 都内クリニックの事務長を11年経験し独立。 現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

ブログをメールで購読

ブログをメールで購読
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターをフォロー