休憩時間中のタバコは禁止?クリニック全面禁煙の意味と喫煙のリスク

前回タバコについての記事を書いたところ、「休憩時間でもタバコを吸ってはいけないのか?」という質問をいただきましたので、こちらも記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

休憩時間のタバコについて

「勤めているクリニックの院内が終日禁煙になっており、勤務時間は9時00分~18時00分(休憩1時間)」という例をとりご説明します。

自由利用

休憩時間には「自由利用」という原則があり、他人の自由を妨げたり、特段の支障がない限り自由な行動が認められなければなりません。

しかし、休憩時間は労働していない時間でありながら、拘束時間中の時間でもあるので、「次の労働に備えて休息している時間」というのが本来の目的です。そのため一定の拘束があるのが普通で、何をしても良い時間というわけではないのです。

スポンサーリンク

休憩中のタバコは規制できるのか

判断の難しい項目ですが、きちんと就業規則にその点が書いてあるのであれば、それに従うのが1番でしょう。

様々な施設で全面禁煙が実施されている現在では、受動喫煙を防止する観点からも、医療機関が院内を全面禁煙にしていることに違和感を覚える方は少ないでしょうし、院内に喫煙場所を設置するには経費がかかりすぎます。

それならば「院外で!」とお考えになるのも理解できますが、私は「権利」として認められるのは難しいのではないかと考えています。

喫煙する場所の問題

最近は問題なく喫煙できる場所自体が減っています。

クリニックの入っているビルに喫煙所があったとしても、同じビルで仕事をされている方に、「あそこのクリニックのスタッフはタバコを吸っている」というイメージが付いてしまう恐れがありますし、

近所の公園や喫煙できる喫茶店などで喫煙していたとしても、患者様に見かけられる可能性があります。

ビルの陰で・・・なんてもってのほかでしょう。

考えられるリスク

まず、患者様からタバコの匂いを指摘されるリスクが考えられます。

タバコの匂いは口の中だけではなく、洋服や髪の毛にもついてしまうことが予想されますが、これらを客観的に判断するために新たな設備投資を行うのは現実的ではないでしょう。

また、火を扱うので「隠れて喫煙したらそれが元でボヤがでた」などという可能性も否定できません。

喫煙によって午後の診療がしやすくなる

喫煙者の主張としては当然出てくるでしょう。

喫煙によって集中力が増す、切り替えができるといった主張もあるはずです。

「午後の診療にプラスに働く」のであれば、認められる要素はありそうですが、一方でクリニックのイメージを損なうリスクが大きいことを考えると、院長先生にご賛同いただくのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

結論

医療機関であるということから考えても、喫煙を「権利」とするのはかなり難しいといわざるを得ません。

喫煙が「自由利用」のひとつとして認められる「権利」に該当するかというのは1つポイントになりますが、上記の例ではそもそも院内が禁煙であり、そのことを理解したうえで入職しているわけですし、

医療機関でなくても禁煙の施設が増えている昨今では、昼休みに喫煙できないことが自由利用の権利を侵害しているという主張はやや無理があるのではないでしょうか。

喫煙者であること

前回も少しお話しましたが、特に医療機関では「喫煙者」というだけで転職の成功率は大きく落ちます。(その為、喫煙していないと答えるように指導しているのですが・・・)

就業規則内で社内外の喫煙が禁止になっていても、それは上記のような様々なリスクを防ぐ為という理由があるので、自由利用の権利には該当しないと考えるのが順当ではないでしょうか。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする