新卒で医療事務を目指すなら覚悟が必要

「新卒で医療事務になる」ということ自体は否定しませんが、これをかなえるには相当の覚悟が必要です。

私も何名か新卒で医療事務を希望している方を面接し、実際に採用したこともありますが、大学卒業後すぐの職業として医療事務というのは少々違和感があります。

違和感の正体はおそらく「覚悟の不足」です。

新卒で医療事務を希望している方は特に覚悟が必要ですので、できれば医療事務の採用面接の前にご自身のことを振り返っていただきたいと思います。

参照:新卒も経験者も履歴書へ記入!医療事務の自己PRの考え方

スポンサーリンク

覚悟が足りない選択

新卒の候補者とお話をしていると、医療事務になりたいというよりも、医療事務しか選択肢がないという印象を受けます。

実際のところ就職活動の終盤中の終盤、卒業の2,3ヶ月前頃がいちばん新卒での採用を行っているかのご連絡をいただきやすい時期ですので、就職先が決まらないという不安からその範囲を広げたのだと考えられます。

※反論もあるかと思いますが、あくまで私の印象です。ここで言いたいのは、まずこのようなフィルターを通して見られていることを認識していただきたいのです。

「新卒で就職先がきまらないのでは将来が不安」というあせりは理解できますが、どう考えても働く覚悟が足りませんし、このような姿勢で就職先を選んでいては、たとえ医療事務になれたとしても、その後長続きしないでしょう。

そもそもすぐ辞めてしまうだろうと予想でき、しかも社会経験がない新卒の方をスタッフとして迎えるのは、採用側としてもハードルが高いと言わざるをえません。

スポンサーリンク

なぜ医療事務を目指すのか

面接をおこなっていると「なぜこの方は医療事務の面接に来たのか」と疑問に思うこともあります。

この質問は、医療事務の面接のスタートラインの質問です。

特に医療事務の勉強をしておらず、資格も持っていない新卒の方で医療事務志望の方は、是非この質問の答えをじっくり考えてみてください。

それでも医療事務の仕事をしたい!

それでも新卒で医療事務として働きたいのであれば、まずは医療事務の仕事を本当に行いたいのかを考えてください。

考えた末「将来医療事務として活躍したい」という結論がぶれなければ、是非面接にいらっしゃってください。そこから就職活動を始められても決して遅くはありません。

スポンサーリンク

新卒で医療事務希望の方へメッセージ

私の個人の考えで恐縮ですが、新卒の方は社会人経験がないというハンデがありますので、毎年新卒を採用している企業ならまだしも、クリックのような小規模な組織では活躍しにくいのではないかという懸念があります。

また、医療事務は医療事務としての転職は比較的容易ですが、他の業界へつぶしがきかないので、新卒で医療事務の世界に入ってから「こんなはずじゃなかった!」と思った時に、経験が医療事務だけというのは、転職市場では若干不利と言えます。

そのような意味では、たとえ医療事務になりたいという気持ちがあっても、2,3年は他の業界で働いてもいいんじゃないかと思っています。

※新卒は医療事務で働いてはダメだという意味ではありません。

医療事務の職種はとにかく異業種からの転職が多い職種ですので、新卒で入らなければ仕事ができない業界ではありませんし、新卒入社が有利にはたらくわけでもありません。

全ては実力次第ですが、現場での理解力や臨機応変な対応力が求められますので、何も現場主義の医療事務でそれを磨かなくても、きちんと研修を受け、ビジネスマナーくらいは理解し、仕事とはなんたるやを学んでからも遅くはないでしょう。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする