医療事務の資格は独学で取得可能?未経験者にはお勧めしない理由

医療事務の資格は必要ない!という方もいらっしゃいますが、私は、未経験で医療事務へ転職をお考えの方は、資格を取得した方が良いと考えています。

医療事務の資格取得には、専門学校への通学、通信が一般的ですが、受講料の問題から、「独学で医療事務の資格を取得したい」とお考えの方へ

独学で取得可能かどうかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

独学は可能だがお勧めしない理由

医療事務の資格の中には、受験資格不問のものもあるため、独学での受験は可能です。

未経験の方でも独学で合格できないことはありませんが、

私は、未経験かつ今まで医療業界とは関係のないお仕事をされていた方には、独学での取得をお勧めしません。

医療事務資格の取得はそれほど甘くはない

医療事務は専門職です。

インターネット上では「資格がなくても、だれでもできる」といった記載がありますが、そこまで甘いものではなく、独学では合格率が下がることはほぼ間違いありません。

毎月試験がある資格もありますので、何回かチャレンジするだけの余裕がある方は別ですが、「できれば1回で決めたい」とお考えの方に独学はお勧めできません。

また、資格を取得する為には、医療の専門用語から診療報酬請求書(レセプト)に至るまで、かなりの量の専門知識を身につける必要がありますので、

独学での取得も可能ではありますが、かなりの負担になることは予想できます。

資格取得の目的

そもそも何のために資格を取得するのでしょうか。

「就職に有利だから」が1番の理由だったとしても、本来は、医療事務として活躍できるように、勉強を通して知識を身に着けることです。

資格を取得することがゴールで、何回かチャレンジするだけの余裕がある方は独学でも良いかもしれませんが、これでは伸びしろはかなり少なくなってしまいます。

<参照>

資格取得の為に勉強で身に付けた医療事務の知識は無駄にならない
無資格でも医療事務の仕事を行うことはできますが、「必要ない」は極論です。勉強で身につけた医療の知識は、今後医療事務として働くあなたの知識の基礎となります。医療事務の仕事をしていることと、医療事務の知識があることは別ですので注意が必要です。

スポンサーリンク

医療事務の資格を通学・通信で取得するメリット

前述のとおり、医療事務の資格を独学で取得すること自体は可能です。

合格率が低くなっても、何回か試験を受ければ、資格を取得できないことはないでしょう。

それでも私が独学をお勧めしないのは、独学では現場で役つ知識を身に着けられないのではないかという懸念があるからです。

電子カルテの問題

特に都心部では、多くの病院やクリニックで電子カルテを導入しています。

医療事務の資格の中では、レセプトは手書きで行う内容になっているものが多いのですが、レセプトを手書きで行っている病院やクリニックはありません。

独学では、レセプトの内容の理解はできますが、電子カルテやレセプトコンピューターの操作を学ぶのはハードルが高いと言えます。

電子カルテのソフトを独自で手に入れるのはかなり難しいのではないかと考えます。

ORCAならできるのは?

日本医師会より無償提供されている、Online Receipt Computer Advantage(通称ORCA)を使用すれば、費用をかけずにレセコン(注:レセプトコンピューター)のシステムにふれることができます。
ただし、サーバーとLinuxで動くパソコンが必要ですので、かなりのPCスキルと知識が必要です。

個人的には、Linuxを扱えるレベルのコンピューターの知識があるのであれば、目指す職業は医療事務ではなくてもよろしいのでは?とも思います。

質問する相手がいない

資格によっては下記のようなテキストが発行されていますので、重要なポイントに関しては読み込めば理解できます。

しかし、テキストの解説を読んでもわからない場合、質問できる先生も、同学年の生徒もいませんので、この点がネックになります。

試験の情報「質」が不足する

独学で勉強していると、直近の試験の傾向など、重要な情報をキャッチできない可能性があります。

テキストで基本的な勉強ができたとしても、最近の試験の傾向と対策の情報収集が難しく、情報の質の面で劣ります。

スポンサーリンク

独学でも良いケース

一方で、独学が適している方もいらっしゃいます。

例えば、現在医療事務として就業している方であれば、現場での知識を生かせば、独学でも大きな負担にはならないでしょうし、

医療事務への就業がまだまだ先で、取得までに何回かチャレンジできる方、趣味で資格の取得を考えている場合も独学は適していると言えます。

独学で受験可能な医療事務の資格

費用面やその他の理由で独学を希望される方は、下記の中から取得する資格を選ぶと良いと思います。

医療事務の資格は数十種類ありますが、下記にあげるものは、面接の現場においても比較的よく見かけるもので、独学でも受験可能な資格です。

診療報酬請求事務能力認定試験

公益財団法人日本医療保険事務協会が資格の発行を行っています。

診療報酬請求事務に特化した資格で、医療事務の資格の中では1番認知度が高く、合格率は約30%と最難関の資格です。

この資格のみに資格手当を適用している病院もあります。

学科試験と実技試験があり、試験場への資料の持ち込みは自由ですが、独学での合格は難しいので、通学、もしくは通信で勉強されることをお勧めします。

資料請求はこちら(無料)

医療事務技能審査試験

合格すると「メディカル クラーク®」という称号が付与されます。

実技Ⅰ、学科、実技Ⅱの3部で構成されており、合格基準は全ての得点が70%に達することとなっています。

また、毎月試験が行われており、資料の持込が可能。、合格率は60%を超えていますので、独学で目指すのであればこの資格がよろしいのではないでしょうか。

ニチイ学館の講座を修了し、合格すると付与される資格ですので、面接時に履歴書上で良く見かけます。

受験資格は特にありませんが、テキストはニチイからのみ購入可能なようです。

医療事務管理士技能認定試験

称号は「医療事務管理士®」

試験の内容は実技試験と学科試験があり、2ヶ月に1回、年に6回行われています。

合格率は55%前後。

タレントの八田亜矢子さんが取得した資格ということで、テレビでも放映されましたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

3週間の勉強で合格しているそうですが、一般的にはさすがに3週間では難しいのでは?と思います。

上記2つの資格と異なり、「IBT試験」というインターネットを使用した在宅受験が可能です。

通信教育で有名なユーキャン、通学ですとソラストなどの講座を修了し、合格すると付与される資格ですので、メディカルクラーク同様、履歴書上でよく見かける資格です。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

フォローする