逆質問で差をつける!医療事務面接で最後に印象付ける質問例

面接の仕方には様々ありますが、面接の終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれることはもはや定番です。

これは「逆質問」と呼ばれる項目で、医療事務の面接でも今までの印象をさらに良くするチャンスでもあります。

もしここで「ないです」「特にありません」などと答えてしまったら、せっかく面接中に作った好印象な部分まで壊してしまいますので注意してください。

スポンサーリンク

逆質問の機会を与える目的

まずは「どうして逆質問の機会を与えられるのか」について考えてみましょう。

クリニックの面接では大きく次の3つに絞られます。

①頭の回転を見る

話のレスポンスからこちらの話をどの程度理解しているのかを見ています。

逆質問をする際は今までの話の延長で質問するというのが定石です。

②自分が働くビジョンがあるか

働くということに関してリアルにイメージできるかという問題は非常に重要です。将来医療事務として働くことにどのようなビジョンをお持ちかを見ています。

私の場合は面接中に直接上記の質問をして確かめてしまう場合もありますが、ビジョンが明確な方は、「自分のやりたいことがこのクリニックでできるのか」というスタンスで面接にいらっしゃるので、通常面接の中で得た情報だけでは足りないはずです。

③働く上で重視しているものは何か

実は「働く」という言葉をきいたときに、どのようなイメージを思い浮かべるかは人によってまちまちです。その中で「何を重視して働いているか」を見ています。

質問が残業と休みのことだけで終わってしまうようでは、キャリアを積んでスキルを上げるのは二の次と思われてしまうこともあるので注意しましょう。

<関連>

未経験者が医療事務の面接でよく聞かれる質問と対策の考え方
未経験で医療事務の仕事を希望していらっしゃり、見事書類選考を突破してこれから面接を受けられるのであれば、万全の対策を整えて面接に臨みましょう...

スポンサーリンク

どんな質問をすればいい?

ではどんなことを質問すればよいのでしょうか。私は次の3つのタイプの質問をあらかじめ考えていくことをお勧めします。

やる気を見せるための質問

私が医療事務の面接をする時、評価の対象になる項目の1つに、「働いている姿をどの程度イメージできているか」というものがあります。

経験者であれ、未経験者であれ、面接中の情報からそのクリニックで働く姿をリアルにイメージできている方は、足りない部分を埋める質問をしてきます。

やる気を見せる質問例

質問いただくのは具体的な仕事の内容です。

「電子カルテを導入しているか」「医療事務の仕事の範囲はどこまでか」「医療事務何人で普段の業務を行っているのか」などがこの項目にあてはまります。

また、「入社までになにか行っておいた方が良いことはあるか」など、内定を前提に話を進めてしまってもいいでしょう。働きたいという意欲で溢れているというアピールになります。

ただし「もし内定をいただけるなら」という謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

未経験の方からは「レセプトの研修はどうなってますか?」という質問を良く受けるのですが、研修の有無が自分が入社する基準になっているのでなければ、分で勉強する気がない受身の姿勢と判断されるケースが多い」ので、控えたほうが無難です。

参考: 医療事務未経験者が面接で合格するには

自分の長所を印象付ける質問

「コミュニケーション力に自信はありますが・・」というように、自分のアピールポイントに絡めた質問で、面接官に印象付けるという手法です。

特に逆質問は最後のアピールの場になることが多いので、アピール不足だと思ったときはこの手を使いましょう。

やりすぎると上から言われているように聞こえてしまうので、「先ほども少しお話したとおり・・・」などの前フリをつけたうえで、謙虚に話すことを忘れないようにしましょう。

長所を印象付ける質問例

「私は○○をしていた経験からも我慢強い方だと思うのですが、医療事務にはどのような資質が必要ですか?」

「コミュニケーション力には自信がありますが、院内の雰囲気を伺ってもよろしいですか?」

「内定を頂戴できましたら、1度クリニックの実務を見学する機会を頂戴したいのですが可能でしょうか」

「こちらのクリニックでは、未経験で医療事務になったスタッフはいままでいらっしゃいましたか?もしいらっしゃるようであれば、その後の活躍をお伺いできますでしょうか」

労働条件に関する質問

労働条件は大切な確認事項ではありますが、心証を悪くしないためにも最低限にとどめておくことをお勧めします。

また、求人票に書いてあることを質問すると、「求人票をきちんと見ていない」という評価になってしまいますので、「求人票に残業○○時間と記載されていましたが・・・」「非常に伺いにくい話で恐縮ですが・・・」というような前フリをつけましょう。

本当は聞きたいけれど聞きにくい質問であることは、面接官も察しているはずです。

私が面接をする際は、最後に「もし内定を出したとしたら」という前提で、残業、休診日や年末年始の休みなどの条件面の確認を行いますが、そのようなアナウンスが無い場合に備えて、求人票のコピーを持参するとよいでしょう。

労働条件に関する質問例

「前職では週に○時間ほど残業しておりましたが、こちらのクリニックでは平均どれくらいになりますか?」

↑今まで残業をしていたので多少残業があったとしても苦にならないというアピールを含んでいます。

「年末年始やお盆の時期ははどのように診療されていらっしゃいますか?」

↑クリニックによっては年末年始やお盆の時期も交代で休むケースがあるので、診療を行っている前提で質問することで、「休めて当然」という印象を消しています。

<参考>

クリニックの医療事務を目指す前に確認して欲しいこと
医療業界以外からの転職で圧倒的に多いのが医療事務とクラークです。 資格を持っていなくても就業可能ということもあり、医療業界以外から未経...

スポンサーリンク

質問を用意するにあたって注意すること

逆質問する内容は前もって用意するのが基本です。上記の3項目から最低2つずつ計6個以上考えていきましょう。

面接官の方のキャラクターにどのような質問をするかは変わるので、かならず複数考えていくようにしてください。

<関連>

逆質問時に注意!未経験者が医療事務の面接でしてはいけない質問
多くの場合、医療事務の面接では最後に「何か質問はありますか?」という旨の質問があります。これは「逆質問」と呼ばれており、面接では最後のアピー...
The following two tabs change content below.

Yasu

クリニック専門医療コンサルタント。 都内クリニックの事務長を11年経験し独立。 現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

ブログをメールで購読

ブログをメールで購読
メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッターをフォロー