医療事務の仕事内容一覧!レセプトと患者様対応以外も徹底解説

医療事務の仕事内容は「医療専門の事務仕事」です。

医療事務の仕事は範囲が広く、意外と知られていない医療事務の仕事も存在します。

「医療事務の仕事といえばレセプトと患者様対応」くらいしか思い浮かばない方のために、医療事務の仕事一覧を作成しました。

スポンサーリンク

患者様と医療従事者を繋ぐ仕事

「事務」と名前が付きますが、受付や付き添いなど接遇の要素が強いので、一般事務職の方よりさらにコミュニケーションスキルが求められます。

また、多くは立ち仕事ですので、一般事務職から転職される方の中には、働いてみてからこの部分に戸惑う方もいらっしゃるようです。

レセプトは医療事務の花形ですし、クリニックでは特にレセプト技術に長けたスタッフは重宝されますが、目立たない部分ではあるものの、患者様と医療従事者(ドクターや看護師)の間をつなぐというもの大きな役割です。

スポンサーリンク

受付・案内の仕事

医療事務未経験の方にとって、医療事務の仕事として一番初めに思い浮かぶのは受付業務だと思います。

受付業務と一言で言っても、診療内容によって対応方法は多岐にわたります。ここではどの標榜科でもある初再診に触れておきます。

余談ではありますが、患者様全体の人数や、初診・再診の内訳をざっくりと把握しておくことは、クリニックの経営状況にも大きく影響を与えます。

詳しくは『クリニックの来院人数を把握するだけで生まれる効果』をご参照ください。

初診の患者様への対応

初めての患者様には、保険証をご提出いただき、問診票に住所・名前・既往歴などの必要事項を記入していただくことから始まります。

稀に「住所は書きたくない」などの主張をされる患者様もいらっしゃいます。

しかし、それでは有事の際に患者様へ連絡ができなくなってしまいますので、

医療機関では個人情報保護の観点から外部に漏れることは無い旨を説明し、全てを記載していただくのも医療事務の大切な仕事です。

問診票・保険証のお預かり

問診票と一緒に保険証を預かり、その情報に基づきカルテの作成、診察券を発行します。(カルテは電子カルテと紙カルテの場合があります)

診察室への案内は医療事務が行うケースもありますし、クラークや看護師が行う場合もあり、クリニックの規模や標榜科目によっても異なります。

この際に、他院での受診情報も確認します。

初めての患者様は受付の対応でクリニックの印象が決まる

はじめての患者様は普段より緊張してご来院されます。

この緊張をほぐすことは重要ななポイントです。

「初めて知らないクリニックに行く」患者様はきっと緊張しているはずです。

医療事務の仕事を何ヶ月かすると、その方にとってはいつもの職場になってしまい、そのことを忘れてしまう方は多いのです。

クリニックにいらっしゃるということは、体調がすぐれなかったり、様々な悩みをかかえてご来院されているので、前述の緊張も重なってナイーブになっていらっしゃる患者様も多く、

受付に立っている医療事務の対応で、クリニックの印象が決まる場合もあります。

余程横柄な対応をしない限りクレームになることはありませんが、マイナスにならない接遇ではなく、プラスになる接遇を心がけてください。

ただし、『丁寧すぎてもダメ!医療事務の接遇や言葉遣いは難易度が高い』でもお話している通り、サービスの向上を言い訳にして1人の患者様に付きっきりになってしまっては仕事が進みませんので注意が必要です。

再診の患者様への対応

時系列でお話しすると、最初は診察券を受取るところから始まります。

月が変わるごとに保険証の確認をする必要がありますので、今月初めての方へ保険証の提示を促して、このとき一緒にお預かりします。

該当の患者様のカルテを出し(紙カルテの場合)、カルテと必要な資料がある場合はそれも一緒に診察室へ運びます。

※患者様を診察室へ案内する、カルテを診察室へ持っていくなどの仕事がどう分業されているかはクリニックにより大きく異なります。

スポンサーリンク

レセプトの作成の仕事

レセプトには患者様の氏名・性別・生年月日など他に、加入している健康保険の情報や、病名、投薬、注射、処置、手術、検査、画像診断、リハビリなどの点数が記載されています。

約2年に1回改定されますが、診療の内容で算定できる診療報酬は決まっているので、クリニックではこの点数を合算して、保険者へ医療費を請求します。

保険診療がメインのクリニックでは、前述の会計業務とともに、ミスが多くなると経営状態にも影響を与えるとても重要な仕事です。

未経験で入社した方は、はじめのうちは関わらせてもらえない仕事かもしれませんが、いつでも関われるよう勉強を重ねましょう。

2016年2月現在、一部の医療機関を除き猶予がなくなりましたので、保険者への請求方法は、電子申請かメディアに書き込んで郵送する方法のどちらかです。

点数や算定条件は下記書籍でご確認ください。

スポンサーリンク

カルテ管理の仕事

患者様の診療情報が記載されているカルテを管理するのも医療事務の仕事です。

通常は問診票や保険証の情報も同じファイルに入っているので、大切に扱わなければなりません。

主な病状の経過はドクターが記載することがほとんどですが、問診票や保険証にある情報(患者様の生年月日や住所・性別など)は、医療事務が入力します。

ここで入力間違いがないように注意しましょう。

紙カルテで保管されているか、電子カルテが導入されているかで医療事務の負担は大きく変わります。電子カルテが導入されていても、紙カルテも併用しているというクリニックもありますので注意しましょう。

<参考>

紙カルテを使用するクリニックの医療事務にかかる負担は大きい
現在診療報酬請求業務(レセプト)は、一部免除・猶予の医療機関を除き電子化に統一されています。その為多くの医療機関では診療報酬請求業務...

会計業務の仕事

診療が行われた日のカルテの情報を基に診療報酬を算定し、患者様の窓口負担額を徴収します。

多くは忙しい職場ですので、短い時間で算定する点数を判断しなければなりませんし、算定漏れが多く出てしまうとクリニックの経営にも影響を及ぼす仕事内容です。

請求書の発行

患者様の視点からですと、ただレジを操作しているだけのようにも見えるので、「何故こんなに時間がかかるのか」というお言葉を頂戴することもあります。

その理由は請求書の発行に時間がかかるからです。

診療点数の知識が必要

請求書の発行は、診療点数の知識が必要です。

診療科やクリニックごとにチェック項目に差が出ますが、外来の場合、

どのような診療内容か(処置や検査はどのようなものを行っているのか)、

処方されている薬の入力、分量は正しいかどうかのチェック、

それに該当する病名が正しいかどうかをチェックします。

多くのクリニックでは電子化が進み、導入されているレセプトコンピューターや電子カルテの機能も上がっていますが、最終判断は人間ですので、頼り過ぎないように知識を磨きましょう。

その他の仕事

細かい部分ではありますが「その他」の仕事も存在します。

患者様への案内

案内にも様々ありますが、院内の案内や、今後の診療予定の案内、院外処方の場合は近くの薬局の案内などを行います。

診療別患者数統計業務

クリニックでは、税理士や会計士の先生へ会計業務を委託している場合がほとんどですが、院内の資料として、それぞれの診療ごとに患者数などを簡単にまとめた資料を作成することがあります。
多くはエクセルで作成しますが、一般事務経験者であれば十分対応可能なレベルであることがほとんどです。

システムメンテナンス

電子化が進むと、電子系統のトラブルを全くゼロにすることは困難です。

その為定期的にシステムメンテナンスを行います。

実際に作業するのは業者であることが多いのですが、以前と比べて調子が悪い部分をまとめておいたり、メンテナンスの日程を院内で調整したり、業者とAPOをとったりするお仕事はこれに含まれます。

警察関係の対応

未経験の方からすると意外かもしれませんが、警察とのやりとりも発生します。

例えば、以前診療歴のある患者様が事故で亡くなったなどの場合、カルテの閲覧やコピーを求められたりします。

クリニックでは最終的には院長先生の判断となる項目ですが、特別な事情がなければ協力することになります。

講習会等の受講

義務である場合と、任意である場合がありますが、診療報酬の改定があると所属の医師会では講習会が開催されます。

講習会にはスタッフ全員が参加でないものもありますので、資料を作成して院内へ周知したり、必要な届出を行うのも医療事務の仕事の1つです。

コードホワイト対応

「コードホワイト」耳慣れない言葉だと思いますが、いわゆる院内暴力があった時の対応です。

「暴力」が起こってしまった場合、女性のスタッフは距離をとって、警察に連絡するなどの適切な対応が必要ですが、多少の暴言を受けることは避けられないかもしれません。

これが頻繁に発生することはまずありませんが、その場合は勤める医療機関を変えるべきかもしれません。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。

スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする