医療事務や看護師が紹介会社を利用するメリットとデメリット

転職活動を行う際、自分で求人を探し応募する方法の他に、「紹介会社を利用する方法」があります。

「人材紹介」は派遣とは異なる就業方法であり、求職者にメリットもデメリットも存在します。

スポンサーリンク

人材紹介の仕組み

「人材紹介」とはその名の通り、求人に対して求職者を紹介し報酬を得る形態を言います。看護師や医療事務の場合は想定年収の15%~20%が相場と言われています。

医療業界では主に医師と看護師が利用する傾向にありますが、近年は医療事務の紹介を行う会社も出てきておりますので、特に医療事務の経験が長い方は導入を検討してみるのも良いでしょう。

人材紹介の会社は極論1人でも成り立つ事業ですのでその規模も様々ですが、医療系の人材紹介を行う会社はある程度の規模があるところがほとんどです。

初回は会社に登録する必要がありますので、担当者と詳細な面談を行うので、これが面倒だという方もいらっしゃいますが、費用がかからないこともあり、概ね求職者からの評判は良いようです。

スポンサーリンク

求職者のメリット

人材紹介会社を利用するメリットは下記の3つが考えられます。

コーディネーターの存在

紹介会社には「コーディネーター」という職種の方がいらっしゃいます。

会社によっては営業とコーディネーターが分業されていたり、その2つが兼務になっている会社もあり、会社の規模や方針によって異なりますが、

このコーディネーターが貴方の希望を詳しく聞きながら、希望にあった求人を探してくれますので、働きながらの転職にかかる負担を軽くすることができます。

初回の面談では、給与額、勤務時間・曜日、長期休暇の有無など、労働条件を細かく設定することができ、それを元にコーディネーターが該当する求人を探します。

さすがに「日勤のみ、土日休み、残業なし、夏休み毎年1週間」の条件を全て満たすクリニックは無いと思いますが、自分の希望に沿った求人を探してもらえるというのは心強いのではないでしょうか。

ただし、あまり贅沢な設定をしすぎては、該当する求人が無いということになりかねませんので注意してください。

第三者の目

「求人内容と実際の労働条件が異なっている」ということ自体がそもそも問題ですが、せっかく転職しても、運悪くブラックなクリニックにあたってしまうことも考えられます。

自分で条件の交渉をしなおしたり、また転職活動をしなければないなど、負担も大きくなります。

紹介会社を通じて就職しても、雇用関係はクリニックと直接行うことになりますが、通常就職してから3ヶ月程度は紹介会社のフォローを受けられます。

入職の際のトラブルを相談できて安心という点も重要視されます。

紹介会社を経て採用となれば、労働条件の相違でもめるというリスクはかなり少なくなると考えてよろしいでしょう。

お祝い金がもらえるケースがある

採用された際にお祝い金の支給がある場合もあります。

お祝い金の支給条件や金額は紹介会社の規定によりますが、看護師の場合は「条件を満たせ20万円支給します」という広告もお見かけしたことがあります。

この「お祝い金」は看護師の紹介でよく見られるシステムですので、それ以外の職種でも適用されているかどうかは現状わかりませんが、

求職者サイドからすれば、就職先を探してくれてお金まで貰えるというなんとも良い条件です。

スポンサーリンク

クリニックサイドから見る紹介会社

求職者側から見ると良いこと尽くめの紹介会社ですが、クリニック側からすれば、費用が高くなるというデメリットが考えられるので、必ずしも紹介会社経由での就職が歓迎されるとは限りません。

先述の「お祝い金」に関しても、そのようなシステムがあることは医療機関の人事の方であれば把握していることです。

一見良いこと尽くめの「紹介会社経由の転職」ですが、もちろんデメリットも存在します。

クリニックから見た紹介会社と、紹介会社経由で就職するスタッフの実態に関しては、下記の記事をご参照ください。

参照: 人材紹介会社経由で採用された医療事務や看護師のその後

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする