未経験で医療事務を目指す!志望動機より大切なただ1つのこと

医療事務になりたいけれど経験がない・・・

そのような方にとって「未経験可」という表記は救いの手に見えるのではないでしょうか。

私は複数のクリニックで人事を担当していた当時は、医療事務未経験の方ともたくさん面接をしてきましたが、面接していた当時から、みなさんきちんとした志望動機を用意していても、未経験で医療事務を志望する方には1番大切なことが欠けていると感じていました。

他の業種の経験はクリニックでも十分役に立ちますし、異業種からも積極的にスタッフを採用し、サービスレベルを上げていくべきだ

という意見には私も賛成ですが、

応募者側からみて「未経験者OK」という記載が、「医療のことがわからずとも現場で役立てる」と見えてしまうのであれば、それは拡大解釈しすぎであるとも思います。

今までも未経験者についていくつか記事を書いてきましたが、今回は志望動機よりも大切なただ1つのことについてお話しします。

スポンサーリンク

未経験者から医療事務になる

もし異業種から未経験で医療事務に転職しようと考えているのであれば、1番初めに行うことは何でしょうか。

志望動機を考える? 面接の対策をする?  実際にクリニックへ行ってみる?

どれも大切ですが、まず始めにしなければいけないのは「未経験可」の意味を考えることです。

募集を行っているクリニックでは、なぜ「未経験でも就職できる」のでしょうか。

良く考えれば、「今までの経験を評価し、異業種からの風を取り入れたい」といったところでしょうが、悪く考えれば、「人が足りないので雑用でもなんでもしてほしい」かもしれません。

面接を受けている方からこの点について質問を受けることは稀ですが、本来であれば必ず確認しておきたい部分でもあります。

スポンサーリンク

仕事への意欲

さすがに医療事務で募集をしておいて何も教えてもらえないということはないと思いますが、「未経験で募集しているのだから、何もわかっていなくてもこれから覚えていけば大丈夫」と考えている方は、まずその考え方を改める必要があります。

私が面接を担当している際にも、異業種から転職を希望される方はかなりの数いらっしゃいましたが、資格をもっておらず、現在勉強もしていないという状態で、

「アピールできるのは異業種での経験のみ」では心もとないのも事実です。

医療事務の応募数は景気に左右されますが、「未経験から医療事務になりたい」という方の絶対数は景気に関わらずある程度の数になります。

ただでさえ未経験者の医療事務を積極的に募集しているクリニックは少なく、少ない枠を大勢の未経験者で取り合うことになるのですから、クリニック側も医療事務を採用するにあたり、

医療事務になるための準備をしていない、もしくは準備することすら考えていない方を採用することはないでしょう。

とても大切なことなので、まだ準備をしていない方は、どのように戦力になっていくかという計画を立て、考えていることを面接でアピールしてみましょう。

これだけでも面接官への印象はとても良くなるはずです。

<参照>

未経験で医療事務の仕事を希望していらっしゃり、見事書類選考を突破してこれから面接を受けられるのであれば、万全の対策を整えて面接に臨みましょう...
未経験で医療事務に採用された!これからがんばるぞ!・・・と意気ごんだのものの、未経験で入社したのに教えてもらえないからわからない・・...

スポンサーリンク

「未経験可」のクリニックには育てる環境があるのか?

「未経験可になっているから、何でも教えてもらえて、段々に医療事務としてステップアップできる環境が整っているのだろう」

・・・ここまで楽観的に考えている方は少ないかもしれませんが、現実はそう甘くはないことの方が多いと思います。

特にクリニックの場合は余分な人数を雇用しているところはほとんど見かけないので、早く1人前になるように厳しく育てられるのが普通です。

たとえ資格を持っていても、未経験では即戦力にはなりえない

というのがクリニックでは常識というか、共通の認識ですので、資格も経験もないという方は、応募したクリニックのメンバーの一員となるまでに、どんなことを行っているか・行うつもりなのかを明確にしておきましょう。

「働くにあたってどんな対策をしているのか」

特に未経験で医療事務を志望する方にとっては最重要項目です。

医療事務の資格の種類は様々ですが、資格取得の際には費用がかかります。また、お仕事をしながら勉強をするだけの余裕がない方、既に仕事を辞...

その他関連記事

医療事務未経験の方が求人へ応募する際、1番大変なのはおそらく志望動機を考えることでしょう。志望動機は書類選考でも面接でも必須項目です...
未経験で医療事務の仕事を希望していらっしゃり、見事書類選考を突破してこれから面接を受けられるのであれば、万全の対策を整えて面接に臨みましょう...
クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする