医療業界では必須!「御机下」と「御侍史」の読み方と使い方

「御机下」「御侍史」という言葉をご存知でしょうか?

使用されているのは主に医療業界(医療業界だけなのかもしれませんが)で、紹介状を含むドクターへ手紙を書く場合は必須の知識です。

クリニックで医療事務のお仕事をされる方は必要な知識ですので覚えておきましょう。

(2016.9.13 追記)
当初想定していた以上にご興味がある方が多いようですので、医療業界での使われ方を合わせて追記しました。

医療業界には独特のマナーや決まりがあり、クリニック内や地域の病院・クリニックとのやり取りの中でも使用しますので、知らないことで恥をかくことが無いようにしたいものです。

スポンサーリンク

御机下と御侍史の違い

まず読み方から。

「御机下」は「ごきか」、「御侍史」は「おんじし」と読みます。それぞれ「おんきか」「ごじし」でも良いようです。

医療事務として活躍されている方の中にも、使用方法が間違っている方がいらっしゃいますので、それぞれの使い方を見てみましょう。

御机下

「御机下」は個人に尊敬の念をこめて御呼びするときにつける言葉です。「○○先生 御机下」のように使用し、個人が特定できている場合に使用します。

「直接お渡しするのも恐れ多いものですので、机の下に置かせていただきます」という意味です。

「机の下に置く」という行動を疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、つまるところ「机の上に置くほどの重要な書状ではございません」という意味です。

いかにへりくだった表現だということがお分かりかと思います。

優先順位は変わらない

もし本当に机の下に手紙が置かれてしまうとなると考え物ですが、手紙の優先順位が低くなったりすることはありません。

文字通りに扱われてしまっては、ドクターの机の下は常にお手紙だらけです。実際にそんなことはありえません。

ドクターは医療業界で最高峰の資格ですので、それだけ偉い存在というか尊敬されているということを垣間見れる表現でもあります。

(2016.9.13 追記)紹介状を作成する際どこで改行したら良いのか?」という質問を頂戴しました。下記のように記載しましょう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

御侍史

「侍史」とは簡単に申し上げると秘書のような仕事をされる方です。昔の位の高い方にはこの侍史がいたそうで、その名残といわれています。

「直接お渡しするのは畏れ多いので、侍史の方を通してお渡しします」ということで、「本人が直接読まなくても、侍史の方から『YASUさんから手紙がきてましたよ』ということが伝われば十分です」という意味です。

日々大量の書類が届くドクターからすれば「手紙が来てましたよ」の声かけだけの扱いではゴミ箱へ直行してしまうでしょうが、実際は直接ご本人に届くので余計な心配はいりません。

業者からの手紙は御侍史が使用されている場合が多い

業者がドクター宛てにビジネス文書やメールを書く際は「御侍史」が使用されるケースが多く、「御机下」を使用されているケースはあまり見かけません。

医療業界では使い方が詳細に分けられている訳ではありませんので、紹介状などに記載する際はどちらを使用しても問題はないのですが、業者からの手紙の多くに御侍史が使用されているのは、外部からの書類は侍史の方が一括管理していたからではないかと考えています。

※現状はっきりとしたことはわかりません。

共通部分

まずどちらにも言えるのが古い表現であり、「自分より格上の方宛に強い謙遜を表している」ということです。

前述の通り医療業界では良く用いられる表現ではありますが、医師専用というわけではありません。一般的には医療業界くらいでしかお見かけしませんが・・・

稀に「○○様」と書くより丁寧な表現だと考えている方もいらっしゃいますが、一般的な表現とは言えませんので、誰にでも「御机下」や「御侍史」を付ければ良いというものではありません。

医療事務の方はドクター宛の手紙の場合のみ使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

医療業界での明確な使い分けはない

(2016.9.13 追記)前述のように「御机下」と「御侍史」の使い分けは医療業界では明確に定められているわけではありません。

ではYASUさんはどうしているんですか?という質問をいただきましたのでお答えしておくと、私はほとんどの場合で「机下」を使用することにしています。

前述したとおり多くの業者は「御侍史」を使用していますが、この点を指摘されたことはありません。

主にドクターへ宛てた書面で使用しますが、侍史を雇っているドクターは一握りですので、本来の意味合いを考えて「机下」を使用することにしています。

開業医や勤務医などの状況や、ドクターのキャリアにかかわらず、侍史はいなくても机はあるはずですし、仕事上特定のドクターへ向けての書面以外は出すことがありませんので、本来の意味からしても妥当だと考えています。

(2016.9.28 追記)その他にも医療事務に覚えておいて頂きたいマナーは下記にまとめてあります。

御机下と御侍史を多用するのは医療業界特有であることは『医療業界では必須!「御机下」と「御侍史」の読み方と使い方』の中でお話しましたが、その他...

スポンサーリンク

ドクター宛の手紙は必ず御机下か御侍史をつける?

ドクター間で手紙やメールのやり取りをされる時は、必ずといっていい程使用されています。

ドクター同士の場合は、必ず使用しなければいけないわけではないようですが、診療情報提供書(紹介状)など、医療機関同士でやり取りする文章に関しては必ず使用するようにしましょう。

(2017.7.20 追記)御机下や御侍史を使用するのは医療業界の文化ですので、紹介状などの医療機関同士の場合は使用しなければなりませんが、一方でこの文化を奨励している30代以下のドクターは少数ですので、比較的若いドクターへ手紙やメールを書く場合はその旨も知っておくと良いでしょう。

私の場合はお会いしたことがないドクターの場合は年齢に関わらず使用しますが、お会いしたことがあるドクターの場合は、コミュニケーションの状況次第で度々使用を省くこともあります。

「御」をつけるのは間違いか?

『様」と『御』が共存することで二重敬語になってしまうため、本来は『机下』とするべきである

このようなお話も伺ったことがありますが、医療業界では慣習的に「御侍史」「御机下」の形で用いられていますので、「御」は付けた方が無難です。

医療事務の仕事では、言語としての正しさより、医療業界としての正しさを優先するべきですが、医療業界以外で使用する際は二重敬語だという点は知っていて損はありません。

スポンサーリンク

年賀状など他の手紙の場合

「田中(仮名)先生 御机下」という記載は私信のときにも使用できます。

勤めている病院以外の先生宛の場合は使用しても良いと思いますが、現在お勤めのクリニックの院長先生のように、一緒の現場で働いている先生であれば、そこまでかしこまる必要はないのではないかと考えます。

この場合「田中(仮名)先生」でも十分尊敬の念は伝わります。「御机下」「御侍史」としてしまうことで事務的な印象を与えてしまいまう懸念もありますので、使いどころは間違わないようにしてください。

「使えばより丁寧になる」は間違い

「強い謙遜を表している」というお話は先述の通りですが、誰にでも使用すれば良いというものではありません。

ドクターの場合はドクター同士でも使用していますので、医療事務がドクターへ宛てる書面で使用するのは問題ありませんが、事務長様や婦長様など、他の役職の方へは使用しないように注意してください。

奥様と連名で送るときは

奥様と連名で年賀状を送るなら敬称はそろえた方が良いでしょう。

奥様がドクターでなくても「先生」と敬称を付けるご職業であれば「先生」で統一し、そうでなければ「様」で統一するのがよいと思います。

クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする