医療事務の志望動機の例文6選!未経験・新卒でも大丈夫

医療事務の転職活動中様々な場所で志望動機が必要です。

志望動機の考え方は以前お話しておりますが、例文が欲しいというご要望を頂く機会が多いのでいくつか掲載します。

志望動機としては文章量が足りないものもありますが、転職を考えている方にはそれぞれの置かれているご状況があると思いますので、下記の例文から使用できる部分を見つけて自分の状況に合わせたものにしてください。

2017.3.9 追記
この他の例文及び添削結果はこちらにまとめました。

添削結果には解説を入れてありますので、志望動機を修正する際にご活用ください。

現在無料で志望動機の添削を行っています。「志望動機を作ってはみたもののイマイチしっくり来ない」「これで良いかみて欲しい」という方はこちらよりご連絡ください。

接客業から医療事務へ転職するときの志望動機

接客業から医療事務への転職は比較的多いので、未経験の中でも転職のライバルは多いと考えた方が良さそうです。

医療事務として働く時の接遇スキルと、幅広い視野をアピールポイントとするのが良いでしょう。

それぞれの志望動機にテーマを書いていますが、自分の得意なスキルに置き換えて、オリジナルの志望動機になるよう何回も推敲を重ねてください。

医療事務の資格をお持ちの方は、下記の記事にも志望動機をまとめてあります。

幅広い年代へ接遇スキルを活かしたい

私はこれまで「お客様の気持ちに寄り添うこと」を第一に考え、接客業に従事しておりました。「今までの仕事より人に喜ばれる仕事がしたい」と考え、老若男女問わずより多くの方へ接遇を行える医療事務に魅力を感じ、医療事務資格を取得いたしました。

私の体験で恐縮ですが、大きな皮膚のトラブルを抱えていたことがあり、患者様のお悩みにを共有することができたらと考え、皮膚科である貴院を志望いたしました。

コミュニケーションスキルを活かしたい

私はこれまで「お客様のニーズをできるだけ早く察知すること」を心がけ、接客業にてコミュニケーションスキルに磨きをかけてまいりました。

未経験ではございますが、医療事務の現場では、患者様と短い時間で密なコミュニケーションをとっていく必要性があるかと存じますので、貴院にて接客業の経験を通じて得られたコミュニケーション能力を活かし、スタッフの皆様や患者様と良好な人間関係を築き、やりがいのある職種を任されるように努力していく所存です。

効率を考えながら仕事を行うことができる

前職では飲食業に従事しており、できるだけお客様に笑顔で気を配りながら、効率良くお客様をご案内できるよう工夫していました。クリニックは社会的に重要な役割を担っており、日々それを意識しながら働くことはとてもやりがいのある仕事だと考えております。

以前子供が病気で入院し、とても不安だった私に優しく対応して下さった病院の受付の方のように、不安を抱えていらっしゃる患者様の力になれたらと考えるようになりました。貴院の求人票を拝見し、アットホームな雰囲気に強く惹かれたというのも、貴院を志望した1つの理由です。

現在医療事務資格取得の為勉強中ではございますが、あと1ヶ月程で取得できる見込です。前職で得た接遇のスキルを生かしながら、患者様が安心してご来院いただける雰囲気を持ったクリニック作りに貢献したいと考えております。

<参考>

新卒の方の志望動機

新卒で医療事務になるのは正直あまりお勧めしませんが、ご相談を頂くことも多いので記載しておきます。

新卒で医療事務になるという選択をお勧めしない理由は下記記事をご参照ください。

スタッフの心遣いが印象に残った

学生の頃から持病で内科のクリニックににお世話になっていました。

クリニックへ行くということに漠然と「恐怖心」がありましたが、スタッフの方々の気遣いがとても暖かく、気持ちよく通院できた事が強く印象に残っており、自分もそんな仕事をしたいと、医療事務を志望いたしました。

チームで仕事をしたい

貴院の求人情報を拝見したとき、「チームワークを大切にしている」と記載されており、働く環境が整っている印象を受けました。

貴院のチームに加えていただくことで、今までの接客業の経験から、いち早くチームの一員として活躍できるよう働いていく所存です。何卒宜しくお願い致します。

<参考>

志望動機の書き方

志望動機の書き方に関しては下記の記事をご参照ください。

こんな記事も見られています

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事