未経験者が医療事務の面接でよく聞かれる質問と対策の考え方

未経験で医療事務の仕事を希望していらっしゃり、見事書類選考を突破してこれから面接を受けられるのであれば、万全の対策を整えて面接に臨みましょう。

「未経験者だから対策のとりようがない」というのは言い訳です。

対策も取らずに未経験者が医療医療事務の面接に臨むのはあまりにも無謀ですので、まずはどんなことを聞かれる傾向にあるかだけでも把握し、それに答えられるようになりましょう。

「面接に答えを考えていくべきか」ということについては意見が分かれるところかもしれませんが、 通常クリニックの面接は15分程度ですので、全てを対策していくことも十分可能です。

クリニックの面接で聞かれる項目は大体決まっていますので、特に本番に強いタイプではない方は答えを準備しておくべきでしょう。

面接の前の書類選考に関しては下記の記事をご参照ください。

参照:医療事務未経験者が面接で使える志望動機の例文とヒント

参照:医療事務への転職!書類選考で通過するポイント履歴書編

参照:医療事務への転職!書類選考で通過するポイント2

スポンサーリンク

クリニックの面接でよく聞かれる質問

・「これだけは他の人に負けない」と思う所を教えてください。

・キャリアを形成する上でどんな医療事務になりたいとお考えですか?

・なぜ医療事の仕事をしたいとおもったのですか?(参照:『現役医療コンサルタントが語る医療事務の魅力その1』『何故医療事務を目指したのか?履歴書に書ける志望理由の例

医療事務になるために何かしていることはありますか?

・医療機関の求人は多数あったと思いますが、その中で当院を選んだ理由を教えてください。

・医療事務の仕事をするうえで一番大切にしていることを教えてください

・休みの日はどう過ごすことが多いですか?

・資格取得のためにどのような努力をしてきましたか?

・電子カルテの操作をしたことがありますか?

・パソコンスキルはある程度のレベルに達しているとおもいますか?どの程度のパソコンスキルがありますか?(参照:医療事務のに求められるパソコンスキルと面接での答え方

・前職を退職した理由は何ですか?(参照:医療事務の面接で「前職の退職理由」を聞かれた時の対策

・その他対策がとりにくい質問(面接対策としての優先順位は低い
参照:変化球の質問対策!医療事務の面接で予想外の質問にどう対処するか

全てのクリニックに共通であるとまでは申し上げられませんが、 どのクリニックでも上記に近い質問がメインになってくると思います。これ位の答えられるようにしておいた方が良いでしょう。

参考:医療事務未経験者が面接で合格するには

スポンサーリンク

答えの暗記は面接対策ではない

「面接対策」をしてきた応募者の中には、明らかに「対策してきたな」と感じ取れる話し方をする方もいらっしゃいますが、私が申し上げる対策は、むしろそうならないようにするための対策です。用意した答えをただ丸暗記するものではありません。

それぞれの質問を文章で丸暗記していると、言葉の抑揚がなくなり、会話ではなくなります。

また、このような対策をすると、対策していない質問には全く対応できないので、話し方ですぐにバレてしまうという欠点もあります。

相手の顔色を伺いながら話し方や長さを調節できる能力を発揮しましょう。

暗記しない面接対策のコツ

相手の顔色を伺いながら話すためには訓練するしかありません。

受付に立った時に患者様の性別やご年齢や症状によって対応を変えるように、面接官の反応を見ながら対応を変えていきましょう。

私が考えるコツは2つあります。

①用意する対策を単語化すること

②自分の答えに対する質問を予想する

「なぜ医療事の仕事をしたいと思ったのですか?」とう質問を例にお話しします。
この質問に対して、

私は医療事務の仕事を通して困っている患者様の力になり、医療機関の力になりたいと考えています。その中で医療事務としてスキルを上げることでどこでも通用する人材として自分の成長をしていきたい

という答えを用意したとします。いままでの流れからしてお分かりだと思いますが、これを丸暗記してもほとんど意味はありません。

準備するのは言いたいことの要点のみです。

上記の例であれば、「困っている患者様の為に力になりたい」 「スキルを上げて成長したい」
この2つだけです。もっと要約して「感謝と成長」でも構いません。

相手に合わせて話し方を変える

要点を用意したら、本番では面接官の方の話し方や人柄に合わせて話し方を変えたり、片方を話さなかったりします。

例えばフランクな面接官でうまくコミュニケーションが取れていると感じているのなら、

「自分の成長」と「ありがとうと言われる」という2点から仕事を探していまして、これが実現できると思ったのが医療事務だったので志望しました。

という受け答えでも十分通用すると思います。

コミュニケーションがとれていれば、答えが短くても、要点さえまとまっていれば悪い印象になることはありません。

逆に重苦しい雰囲気の面接であれば、 簡潔に答えてしまうと会話が続かなくなる可能性が高いので、 自分のアピールを行いながら答える方が良いでしょう。

今までの中で、次の2つの条件を満たしている仕事をしたいと考えておりました。
1つは自分が今より成長できる環境があること、もう1つは多くの方から感謝される職業であること。

まず1つめですが、自分自身を今より一団高いフィールドへ成長させるためですが、自分のスキルを高めるという点ではほかにも選択肢はあったのですが、 2つ目の感謝される職業であるということを合わせた時に、そこに合致するのが医療事務でした。

当初は看護師という選択も考えたのですが、家族やその他の関係から考えて、今から看護師資格を取得するのは現実的ではありませんでしたので、 専門職として比較的目指しやすい医療事務を目指すことにしました。

目指しやすいと聞かれると印象が悪いかもしれませんが、目指したものをより昇華していくのが私のポリシーですので、現在は○○と○○を行いながら少しでもお力になれるように行動しています。

答えに対する次の質問を予想する

2つのコツの「答えに対する質問を予想する」についても少しだけ解説します。

私が先ほどの解答例にさらに質問をするとすれば、

・あなたがこれから成長していく上で、どういったことを心がけていこうと考えていますか?

・他にも目指したものがあったと思うのですが、それらはどんなことがありますか?

・以前の仕事では自分の成長の為にどんなことをしていましたか? また、どういう所で感謝されていましたか?

などが考えられます。これに関しても同様に要点のみの解答を用意してください。

スポンサーリンク

面接で質問に答える際にやってはいけないこと

みなさんご存知の通り、面接は基本的に面接官にされた質問に答える形で進みます。

その中で、絶対にやってはいけないことは「特にありません」「ないです」という受け答えです。

特に「何か質問はありますか?」というお話最後にでてきますが、ここで「ないです」と答えてしまっては今までの苦労が水の泡です。

もし、今まで話していた中で知りたいことは全てわかったということであれば、

○○ということについてお伺いしようと思っていたのですが、本日の面接の中で丁寧にご説明いただきましたので問題ございません。

くらいは言えるようにしておきましょう。

もしくは「先ほどの○○についてもう1度確認したいのですが・・・」でもOKです。

面接の終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれることはもはや定番です。これは「逆質問」と呼ばれる項目で、今までの印象をさらに良くする...

スポンサーリンク

クリニックではどういう医療事務がほしいのか

その時にそろっているメンバーによって、必ず該当する診療科目の経験がある方となってしまうときもあるので、 必ずしもこれというものはありませんが、

臨機応変な対応力と正確さがあるというのは1つポイントになってくると思います。
成長意欲がある、日々勉強していく覚悟があるというアピールが通じやすいところはあるかもしれません。

クリニックで働く医療事務はどんなことができれば「仕事ができる」と評価されるのでしょうか。医療事務の技術はもちろんですが、実はそれ以外...

最後はお礼状

面接が終わったらできるだけ早くお礼状を出しましょう。お礼状を書いている方はまだまだ少ないので、少しでも評価を上げる1つの手段として覚えておきましょう。

医療事務の面接を受けたらその日にお礼状を出した方がいいですか?というご質問を頂いたので本日は面接後のお礼状について。 お礼状は最後の一手 ...
クリニック専門医療コンサルタント。
都内クリニックの事務長を11年経験し独立。
現在は関東圏のクリニックへ人材教育と採用活動を通したコンサルティングを行っている。医療事務・看護師の面接回数は合計800回を超える。
スポンサーリンク
横棒

関連型ユニット レスポンシブ

おすすめの記事

横棒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする